実はニオイの原因に。雨で濡れてしまった靴の正しいケアの方法

474229320b

 

せっかくお気に入りの靴を履いて出かけたのに、急な雨で靴の中までビショビショ…なんて経験がある方は多いことでしょう。でも、翌日に乾いていたら何となく大丈夫かなと思ってしまいますが、実際のところどうなのでしょうか?今回は、濡れた靴の正しいケアの仕方を、靴の修理やクリーニングを専門に行っている「靴専科」技術トレーナーの大友良祐さんに聞きました。

濡れた靴を放置すると靴が傷んでしまう

革靴は雨で濡れてしまっても、洗うわけにはいきません。では、自然乾燥すれば問題ないのでしょうか?「濡れた靴をそのままにしておくと、数日でカビが生えたり、カビのニオイがしてくる場合があります。雨ジミが残ることもありますし、長年使用している靴だと革が劣化するケースもあるのです」(大友さん)。

また「一度できた雨ジミをご家庭で無理に消そうとするとシミが広がったり、悪化する場合があります。靴クリーニング・修理専門店に相談することをおすすめします」とのこと。

やはりすぐに乾かしてケアをするのがベストのようです。

濡れた靴の正しいケアの方法

それでは、どうすれば早く乾かせるのか、正しいケアについて教えてもらいました。

出先で濡れた靴を早く乾かすための応急処置

1.新聞紙などの紙類を靴の中に詰める 。
2.ドライヤーの冷風を靴の内側にあてる。

ドライヤーは、送風、冷風であれば、靴にあてても大丈夫ですが、熱風はNGです。

職場では別の靴をストックしておき、旅行用の小型のドライヤーなどを携帯すれば、ある程度乾かせるでしょう。

自宅で濡れた靴を早く乾かす方法

1.表面の汚れや水分を、乾いたタオルで拭き取る。

2a2.新聞紙を丸めて中に入れて、湿気を取る(新聞紙は数回交換する) 。
3.翌日、ウッドシューキーパー(できれば、水分をよく吸うシダー製)を靴の中に入れて、乾いたタオルの上に置き、風通しのよい日陰で1~2日置いておく。

ウッドシューキーパーを使うと、靴の形を崩さず、中の汗や湿気を吸うというメリットがあり、ニオイを軽減するという二次効果も期待できるのだとか。

濡れた靴は完全に乾くまで履かないのが鉄則。

外出時は、まず応急処置。帰宅後にしっかり乾燥させれば、靴へのダメージを最小限に抑えられます。

靴の保管場所にも気を配ろう

靴が乾いても、靴箱に湿気があるとカビが発生し、ニオイがつく可能性もあります。しまい方も気をつけましょう。そのポイントについてご紹介します。

  • 靴箱を掃除する…靴だけでなく保管場所もメンテナンスが必要です。リビング用洗剤をスプレーしたぞうきんで棚板などの内部をふいて、よく乾燥させておきましょう。
  • 湿度を下げる…靴箱はできれば毎日扉を開けて換気しましょう。湿度が高ければ除湿剤を置くなどして改善してください。
  • 靴にシューキーパーを長期間入れたままにしない…シューキーパーで形を整えるのは、3日~1週間程度。シューキーパーを長期間入れたまま保管すると、シューキーパーの型がついてしまいます。 
  • 靴の中に乾燥剤を入れる…シューキーパーで形を整えたら外して、乾燥剤を入れて保管します。風通しがよい状態にして、靴の中にものを詰め込まないようにしましょう。

防水スプレーは効果があるの?

ところで、普段のお手入れで、ある程度は雨に濡れるのを防げるのでしょうか?

「こまめに防水スプレーなどでケアすれば、ある程度は保護できます。ただ、汚れをそのままにしておいたり、靴クリームを重ねてつけていくと、革が硬くなって風通しが悪くなり、傷んできます。

定期的に専用のクリーナーで古いクリームや汚れを取り除き、靴磨きをして、最後に防水スプレーで仕上げるといいでしょう」(大友さん)。

防水スプレーは雨だけでなく、靴を汚れから守る効果もあります。最近は超強力の防水スプレーも出ているので、試してみてはいかがでしょうか。

防水スプレーの正しい使い方

・防水スプレーを靴から15cmほど離してスプレー。30分程度置き、表面がしっかり乾いてから履く。

スプレーした後にドライヤーの弱風で乾かすと、ムラも防げて、コーティング力も増します。

履く直前に防水スプレーをかけ、表面が塗れたまま履いてしまうと、コーティング液が靴にきちんと密着していないため、十分な効果が発揮されません。

必ず屋外でスプレーすること。

また、仕事や子育てが忙しくこまめな手入れが難しい場合は、専門店で撥水加工処理をしてもらうと市販の防水スプレーより長持ちするので、手入れはラクになるそうです。

ちなみに、雨の日に向く靴は、ゴム底の靴、レインブーツ、エナメル、ガラスレザー、オイルドレザーだそうです。

革底の靴や風合い革(茶系の色)、爬虫類・コードバンの靴は雨には向かないので、雨の日用と晴天用で履く靴を分けると、長くキレイな状態を保てるでしょう。

革は何もしなければスポンジのように水を吸うので、防水処理が不可欠。私も気を付けたいと思いました。

取材協力:靴専科

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-27 09:46:13

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!