花火大会の屋台など、浴衣につけたソースのシミのとり方

478047096b

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

花火大会やお祭りの屋台でお好み焼きやたこ焼き、焼きそばを食べるのも楽しいですが、浴衣にソースがついてしまうようなアクシデントも少なくありません。うっかりシミをつけてしまった際の応急処置と、家に帰ってからのケアを知り、いつまでも浴衣をキレイに着られるようにしましょう。

ソースをうっかりつけてしまったら応急処置が必須! 

シミを残さないためにも、外出先でもとりあえずの応急処置をしっかり覚えておきましょう。

1.ティッシュペーパーかハンカチで、シミを押さえるように油分を吸い取ります。

シミが広がるのを防ぐため、周辺から中心に向かって吸い取るのが基本。

2.ティッシュペーパーかハンカチを濡らし、ハンドソープや石鹸を少量つけてシミになじませましょう。

3.シミの裏側にハンカチを当てて、水を含ませたティッシュペーパーなどでシミを表側から押さえます。最後に乾いたティッシュペーパーで水分をよく拭き取ればオッケー。

石鹸が残らなくなるまで何回か繰り返しましょう。

帰宅後はすみやかにつけおき洗いを!

1.取扱い絵表示をチェックし、sentakukitearai2(新表示は)がついていたら、水洗い可能。おしゃれ着用中性洗剤をつけた歯ブラシでシミの部分をたたきます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

2.漂白剤を規定量入れたぬるま湯か水につけおきします。

3.(2)をネットに入れてから洗濯機へ。「手洗いコース」でおしゃれ着用洗剤を使って洗います。

デリケートな素材や落ちにくいシミの場合は、無理に落とそうとせず、早めにクリーニング店に相談することをおすすめします。

商品情報

色あせ・型くずれを防いで、ニオイ・汚れをしっかり落とすおしゃれ着用中性洗剤

エマール リフレッシュグリーンの香り

洗剤だけでは落ちない汚れ・ニオイの元までディープクレンジングする酸素系衣料用漂白剤

ワイドハイター EXパワー

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-28 11:31:12

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!