もし桜島や箱根山などの火山が噴火したら…家庭でできる備えとは?

479381922b

 

今年は阿蘇山や桜島で噴火が起こったり、箱根山が限界態勢に入ったりするなど、いろいろな場所で火山噴火の警戒レベルが上がっています。今まであまり考えたことのなかった、噴火による被害。どのようなことが起こり、どのような備えが必要なのでしょうか?内閣府に聞いてみました。

噴火ではどんな災害が起きる可能性があるの?

火山噴火の災害の要因は、大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流(雪山で噴火が起こることで、火砕流などの熱で溶けた雪が水となり、土砂や岩石を巻き込みながら、高速で山の斜面を流れ下る現象)、溶岩流、小さな噴石・火山灰、土石流、火山ガス等があります。

その中でも、大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流は、発生すると避難する時間がほとんどないうえ、生命に対する危険も高いので高度な防災対策が必要。

活火山の近くに住んでいる場合は、まずは情報に敏感になることが大切です。事前にハザードマップ(火山防災マップ)を見て、噴火警戒レベルに対応する危険な場所を確認しておくのもおすすめ。避難したほうがいいときは、市区町村から「避難してください」という情報が流されます。情報に注意して、早め早めの行動をとり、身を守ることが重要です。

気象庁が発表する噴火警報・噴火警戒レベルをチェックしましょう。噴火警戒レベルは5段階で、5が避難、4が避難準備です。

危険な場所の近くにお住まいの場合は、とにかく早めの備えをして、いざというときは速やかに避難するということを頭にいれておくといいですね。

もっとも恐ろしく厄介な火山灰の影響

様々な火山災害の要因の中でも、広範囲に大きな被害をもたらすものは火山灰です。

噴火の規模によっては数10kmから数100km先まで火山灰は飛んでいくので、富士山や箱根山が噴火した場合は、確実に首都圏にも被害が及ぶことになります。

火山灰の被害

  • 農作物への被害、交通麻痺、家屋倒壊、航空機のエンジントラブル、電子機器、コンピューターへの影響なども考えられ、社会生活にも深刻な影響を及ぼします。
  • 火山灰はとても小さいので、空気と一緒に吸いこんでしまうと肺の奥まで入っていき、せきや息苦しさ、鼻水やたんが増え、喉が痛くなることもあります。また喘息や気管支炎、心臓に重い病気のある人は症状が悪化する心配も。
  • 目に入ると結膜炎に、火山ガスが付着した火山灰を浴びると皮膚炎を起こすケースもあります。

このようにさまざまな日常生活に大きな影響を与えるのが火山灰なのです。

降灰の前に準備しておきたい防災グッズと火山灰の除去

特に火山灰が降ってきた場合に必要な防災グッズをご紹介します。

  • 防塵マスク(IVHHNが推奨するマスク)
  • 防塵ゴーグル
  • プラスチックラップ(電化製品に巻いて、灰から守るため)
  • 掃除機(スペアのバッグやフィルターを多めに)シャベルなどの掃除用具

実際に火山灰が降ってきたら、できるだけ家に入れない工夫が必要。扉や窓のすきまをふさいだり、外から帰ってきたときは火山灰を払ってから部屋に入ったりするなどの注意が必要です。

火山灰の除去作業をするときは、防塵マスクと防塵ゴーグルを身につけてから行います。詰まりやすいので雨どいや下水には流さないように。

屋根の上の火山灰を除去するときは、すべりやすいので、ヘルメットや命綱を準備し、2人以上で行うようにしましょう。

警戒レベルが上がっているニュースはみているものの、影響まではほとんど考えていませんでした。とくに火山灰の危険性はまったく頭になかったので、これを機会に火山灰の対策も真剣に考えてみようと思います。

取材協力:内閣府

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-22 15:43:09

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!