来年キレイに使うために…夏物の布団を収納する前のお手入れ

寝室イメージb

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

衣替えの季節が近づいてきました。みなさんは、夏の布団はどうしていますか?天日干しして、表面に掃除機をかけて、これでバッチリ!と収納したのに、翌年には黄ばんでいた…という経験がある私。夏物の布団をしまう前にどんなお手入れをすればいいのか、東京西川 品質管理室 兼 お客様相談室 室長の池田努さんに聞きました。

夏物の布団が変色しやすい理由 

夏物の布団をお手入れせずにしまうと、どうなるのでしょうか?

「冬の布団は布団カバーをかけて使うのでそれほど影響はありませんが、夏物の布団は直接肌にかけることが多いですよね。そうすると、汗や人の皮脂やフケ、口についていた汚れがつきやすくなるのです。汗が酸化すると黄色く変色しますし、それはカビの一歩手前でもあります。カビが生えて悪臭が出ることもあれば、ダニの温床にもなる。だから、洗ってからしまうのが効果的なのです」と池田さん。

天日干しをするだけでは汚れが落ちないので、変色やカビの原因に。そして、汚れがダニのエサにもなってしまいます。

ちなみに、布団に普段ついているのは小さなダニですが、増えるとそのダニを食べるためにツメダニなどの人を刺す大きなダニが寄ってくるのだそう。大きなダニを寄せつけないためにも、小さいダニを増やさない対策が必要なのです。

夏物の布団、それぞれのお手入れ方法

それでは、それぞれの寝具のお手入れ方法をご紹介します。

タオルケット

通常の洗濯洗剤を使って洗います。

このとき、パイル糸が伸びているようならハサミで切っておくこと。パイル糸は爪などに引っかかると伸びてしまい、手足にからみやすくなるので、短いうちに切っておくと次のシーズンも気持ちよく使えます。

薄い掛け布団

洗濯機で洗える素材なのかどうか、取扱い絵表示を確認しましょう。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

羽毛や羊毛などの動物系の繊維のものは通常の洗剤で洗うと傷んでしまうので、おしゃれ着用中性洗剤を使うのがおすすめです。

 夏物の布団は軽いので、洗濯機で丸めて洗っているときに中心部まで水がしみこんでいないと、浮いてしまってフタにこすれることもあるのだとか。水が注がれている最中に布団をグイグイと押すと、中まで水が浸透しやすくなります。

そして、洗濯後はしっかり乾かすのが大事なポイント。表面は乾いていても中心部分は乾きづらいので、せっかく洗って干したのに湿気でニオイが発生したり、カビが生えることもあります。「乾いたかな」と思っても1日余分に干すとしっかり乾かせます。仕上げに布団乾燥機を使って乾燥させるのも効果的です。

ベッドパッド

最近のベッドパッドはキルト仕立てで縫い目がたくさん入り、丈夫なので、普通に洗濯しても大丈夫です。中綿が若干入っているので、しっかり乾燥させてからしまいましょう。

夏場は頭もたくさん汗をかいているので、枕のまわりにダニが一番多く発生します。風通しのよい日陰に干して、水分を飛ばしましょう。

もし天日干しをするなら、午前中に1、2時間程度に留めておくこと。

最近の枕は合成樹脂を使っているものも多く、天日干しをすると傷んでしまう可能性があります。そばがらは天日干ししても問題ありませんが、それ以外の素材の枕はなるべく日に当てないようにしましょう。

 

収納場所は空気の通り道をつくるのがコツ

布団の手入れが済んだら、次は収納です。押し入れやクローゼットは意外と湿気がたまりやすいので、カビやダニが繁殖しやすいスペース。どのような対策をとったらいいのでしょうか?

池田さんによると、「湿気は空気より重く、下にたまりやすいので、布団は押し入れやクローゼットの上の棚にしまったほうがいいでしょう」とのこと。布団は重いので下段にしまっている家庭も多いかもしれませんが、上段が最適のようです。

収納場所の壁が暖かかったり冷たかったりすると湿気が起きやすく、壁に布団がくっついていると繊維が湿気を吸い込んでしまいます。空気が動かないと布団の変色にもつながります。少しスペースを空けて空気の層を作り、湿気に逃げ場を与えましょう」。

布団の下にスノコを敷くのも、同じ理由。空気が逃げやすくなるので布団を湿気から守れるのです。

次のシーズンまで押し入れやクローゼットに入れっぱなしにするのではなく、たまにドアを開けて空気を入れ替えるだけでも布団から湿気を逃がすことができます。

なお、コインランドリーの洗濯機は洗う力が強すぎるため、布団の生地が劣化していると破けてしまったり、乾燥も温度が高いので縮んでしまったりする恐れがあるのだとか。家庭の洗濯機で洗って外に干すのが、布団を傷めない最善の方法なのです。

取材協力:東京西川 品質管理室 兼 お客様相談室 室長の池田努さん

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-23 10:46:30

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!