夏の汗をすっきりオフ!来年使うまで黄ばみのないタオルケットに仕上げる洗い方

Exif_JPEG_PICTURE

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

夏が終わり、タオルケットの出番も終了。普通のタオルと同じように洗ってしまい、翌年取り出してみたら、黄ばんでいた!なんてことも。実は、この黄ばみは汗ジミ。普通に洗濯するだけでは皮脂汚れは落としきれないので、時間が経つとシミになってしまうのだとか。

そこで、来シーズンもキレイなタオルケットを使うために、黄ばみを防ぐ洗濯の方法を実践してみました。

洗濯前のひと手間も大切

まずは、タオルケットの表面から伸びているパイル糸を切ります。これをそのまま放置しておくと寝ているうちに指に絡みやすく、どんどん伸びてしまいます。このひと手間が、来年も気持ちよく使えるコツなのです。Exif_JPEG_PICTURE

次に、取扱い絵表示をチェック

水洗いできない素材もありますが、sentakuki(新表示は)かtearai2(新表示は)がついていたらOKです。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

今回は来年までしまっておくので、皮脂汚れもしっかり洗い落とせる「ウルトラアタック Neo」を選びました。

シミ汚れは事前にケアをしておく 

タオルケットを洗濯機に入れる前に、表面をチェックすると、シミ汚れを発見。このまま洗うと、落ちるか心配なので、事前にシミのケアをすることにしました。 

絵表示に合わせた洗剤の原液を塗り、タオルで軽くたたいてなじませておきます。

Exif_JPEG_PICTURE そして、タオルケットを屏風畳みにして大きめの洗濯ネットに入れます。

Exif_JPEG_PICTURE

タオルケットはタオルを大きくしたものと思いがち!普通のタオルと同じ方法で洗う人も多いと思います。毛羽立ちや毛並みの乱れなど、生地の傷みを防ぐためには、洗濯ネットに入れるほうがベター。

洗濯ネットに入れるときは、汚れている部分が外側になるようにしましょう。

「洗剤+漂白剤」のW使いで、黄ばみ対策をする

ニオイの一因である皮脂の雑菌が絡み合う「密着汚れ」に強い「ウルトラアタックNeo」、しみこんだ汗や皮脂、菌まで強力分解する「ワイドハイター EXパワー」のW使いをすれば、黄ばみ対策は万全!さっそく試してみましょう。

タオルケットを洗濯機に入れて、「ウルトラアタックNeo」を投入します。

Exif_JPEG_PICTURE

続けて、酸素系漂白剤の「ワイドハイター EXパワー」も投入。

Exif_JPEG_PICTURE

「ワイドハイター EXパワー」は、ニオイの元になる汗や皮脂汚れ、菌まで強力に分解するので、しまっている間の黄ばみを防ぐ効果を期待できます。

1年間しまっておくものだから、風通しのよい日陰でしっかり乾かす

洗い終わったら、陰干しします。

日光が当たると黄ばみや色あせの原因になることがあるので、風通しのよい日陰に干すのがベストです。

空気を通りやすくして早く乾かすため、2本の竿を使ってM字干ししました。 Exif_JPEG_PICTURE

洗剤と漂白剤で汚れやニオイをしっかりオフ。また来年のタオルケットを使うシーズンまで、安心してしまっておこうと思います。

商品情報

洗浄成分ウルトラクエン酸C配合で密着汚れまで一気に洗浄。皮脂・雑菌が絡み合ってセンイをふさぐ密着汚れを落とす洗たく用洗剤
※界面活性剤とクエン酸の結合成分

ウルトラアタックNeo

洗剤だけでは落ちない汚れ・ニオイの元までディープクレンジング。しみこんだ汗・皮脂や菌まで強力分解する酸素系衣料用漂白剤

ワイドハイター EXパワー

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-25 22:38:54

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!