電車・バスでのベビーカー 知っておきたいルールとマナー

460652781b

 

2014年3月から、電車やバスなどの公共交通機関の乗車時、ベビーカーを折りたたまず優先的に利用できるスペースを示す「ベビーカーマーク」ができ、ベビーカーでの利用がしやすくなりました。とはいえ、ベビーカーは一般道での使用を想定して作られているので、危険を防ぐ意識が必要です。安全に乗車するためのポイントをJR東日本、横浜市営バスに聞きました。

電車に乗るときは先頭に並び、最初に乗るのがおすすめ

電車の場合、一番後ろに並んで最後に乗ると、走ってきた人に押されたり、うまく乗れないままドアが閉まってしまう危険があるので、最初に乗り込みましょう。

乗車後は、車内でタイヤが進行方向と並行な状態だと、電車が動くたびにベビーカーが動いて危険。必ず進行方向に対して90度になるようにベビーカーを置き、タイヤはロック。大人は片手で手すりを持ち、片手でベビーカーをしっかり押さえます。

外出には余裕をもって出かけ、電車の時間ギリギリのときには次の電車を待ちます。

急いでいても、かけこみ乗車は絶対にやめてください。

バス車内では、固定ベルトを利用し、手で押さえておく

バスに乗車する場合は、乗務員に「このまま(ベビーカーを開いたまま)乗ります」と伝えます。

バスの場合、やむを得ず急ブレーキをかけたり、道路の路面状況により車内が大きく揺れたりすることがあるため、ベビーカーを利用する際は電車の場合と比べて危険性が高まります。

乗車後は、必ずベビーカーの前側が進行方向と反対向きになるように置きましょう。急ブレーキで子どもが飛び出すのを防げます。

バスにはベビーカーを固定するためのベルトがついているので、必ずベルトで固定し、ベビーカーのシートベルトを子どもにつけて車輪をロックします。

乗車中は必ず大人がベビーカーを手で押さえておきましょう。

大人が立って押さえる場合は、ベビーカーの背もたれの後ろに立ち、手でベビーカーを押さえます。こうすると、急ブレーキがかかってもベビーカーが動きにくく、安心です。

降りるときは、大人が後ろ向きで先に降りてから、ベビーカーを降ろす

電車でもバスでも、ベビーカーを先に降ろすと、子どもが前向きに転がり落ちてしまうおそれが。まず大人が後ろ向きで降り、子どもも後ろ向きのまま、ベビーカーを引いて降ろしましょう。

上記のマナーのほか、車内では他の人の迷惑にならないよう、子どもをなるべく騒がせない配慮も必要かもしれません。好きなおもちゃを持参したり、車内に入る前に子どもに「静かにしようね」と言い聞かせるなどしていけるといいですね!

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-22 15:46:16

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!