親子で楽しめる!最新・おもしろ調理家電

DSC06781b

 

小学校や幼稚園でさまざまな食育プログラムを経験する子どもたち。家庭でも積極的にご飯のお手伝いをさせ、食べ物を大切にいただく気持ちを育みたいですよね。そんなパパやママにオススメなのが、最新の調理家電を使って、親子で調理をすること。今回は、「ビックロ ビックカメラ 新宿東口店」家電コーナー担当の荻島久実さんに、おすすめアイテムを聞きました。

低速ジューサーで野菜の滋味をまるごと味わう

野菜や果物の組み合わせで、さまざまな味や色、効果効能が楽しめるジュースやスムージー。ただジューサーに素材を入れるだけですが、潰される材料を見たり、作った後に酸化して変色したり、子どもにとって、その変化はとても興味深いもの。

panasonic00000003007922_A01a

「パナソニック『低速ジューサー MJ-L500-S』は、スクリューがゆっくり回転して、食材を圧縮しながらすりつぶすので、栄養分も壊れず、酸化しにくいため、おいしいジュースができます。凍らせた果物や野菜なら、栄養満点のシャーベットに。

脇から絞りカスが出てくるのを見るのも楽しく、そのカスはクッキーやカレーなどにアレンジすると、野菜の栄養価を逃さず丸ごと食べられます」。

“中身は何が入ってるだろう?”と材料当てクイズをしても楽しいですね。甘さ控えめで栄養価抜群、おいしいデザートを食べながら、食材に興味を持つこと間違いなし!

商品情報

パナソニック「低速ジューサー MJ-L500-S

あのノンフライヤーが進化、ポップコーンや野菜チップスも

熱と空気を用い、油を使わないで唐揚げやフライができると話題の「ノンフライヤー」がさらに進化。

時間は1分刻み、温度は5度刻みで細かく設定できるようになり、新クッキングネットやバスケットカバーが付属して、調理できるメニューの幅が格段に増えました。

スライスした果物を入れてドライフルーツに、グラノーラやポップコーン、子どもの好きなフライドポテトなども、自宅で簡単に作れるんです」。

製品本体1a

油不要でもおいしく、余分なカロリーや塩分、糖分も控えることができるので、とってもヘルシー。

ポテトのフレーバーやフルーツを選べば、オリジナルスナック&スイーツのできあがり。食材本来の味を楽しみながら、自宅でおやつを作る楽しさ・豊かさまでも経験できますね。

商品情報

フィリップス「ノンフライヤー プラス HD9530/22

テーブルに出してもかわいい!ミニホットプレートでパーティおやつ

今までのホットプレートにはなかった、カラフルなホーローの質感がキュートなホットプレート。2~3人にちょうどいい手頃なサイズです。

平プレートではパンケーキやパエリア、たこ焼きプレートではアヒージョや鈴カステラなど、おうちパーティにもってこいのかわいいビジュアル。

DEC001-RDa

「カラフルでキュートなので、テーブルの真ん中にあると、パーティも盛り上がりますね。休日のおやつにもサッと出して、わいわいパンケーキ作りはいかが。子どもの友だちが来たときにも重宝します」と荻島さん。

おやつを作るところから始めれば、それ自体が遊びにもなるし、パンケーキをチョコペンやフルーツ、クリームでデコれば、料理の楽しさに目覚めてくれそう。

食へ興味を持たない子や食の細い子、好き嫌いの多い子も、家族みんなでわいわい調理すれば、たくさん食べたり、苦手なものを好きになるきっかけになるでしょう。食への興味が深まって、普段のお手伝いも積極的に参加してくれるようになってくれれば、ママとしてはハッピーですね。

取材協力:ビックカメラ

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-24 03:57:44

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!