カメムシ対策!洗濯物につきづらくするテクニック

483753321b

 

カメムシが多い時期は部屋干しという手もありますが、やはり天気のいい日には洗濯物を外に干したいもの。カメムシが洗濯物につかないようにする方法はあるのでしょうか?長島聖大さん(伊丹市昆虫館学芸研究員)に聞きました。

カメムシが移動する秋から冬にかけては外に干さないのが無難

「カメムシが洗濯物につかないようにする最良の手段は、カメムシの移動時期である秋から冬の始まりまでは、外に干さず部屋干しにするというのが、やはり良いと思います。せめてカメムシが好む白っぽい洗濯物だけでも外に干さないというのが無難でしょう。

ちなみに私は部屋干ししています。殺虫剤や忌避剤の使用を考える方もいるかもしれませんが、実はカメムシが洗濯物につかないようにするための有効な忌避剤はありません。

またカメムシの嫌うニオイというのも、残念ながらまだ見つかっていないのが現状です」と長島さんは言います。  

カメムシをよく見かけるようになったら、その時期だけでも部屋干しというのがいいのかもしれませんね。

繁殖時期に家の周辺の植物を減らすのは有効

「移動するマルカメムシの数を減らすための方法として考えられるのは、河川敷や土手に生えているクズという植物の除草をすることです。マルカメムシは春から夏にかけて、クズに卵を産んで繁殖するため、梅雨前後に草刈りをすることはマルカメムシ対策として、有効な手段かもしれません」。

河川敷や土手は、公共の場所となるので勝手に刈るのではなく、まずは地域の役所や保健所に相談してみましょう。

やはり、身近にできるカメムシ対策は、部屋干しとのことでした。今年は部屋干ししてもニオわない対策を身につけて、このシーズンを乗り切りましょう。

取材協力:長島聖大さん(伊丹市昆虫館学芸研究員)

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-21 01:23:58

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!