主婦の悩みの種!手荒れはなぜ起こるの?

200431044-001

 

夏の水仕事のときには気にならなかったのに、秋が深まるといつの間にか手がカサカサに…。手荒れは皮膚がどんな状態になっておきるのでしょうか?「医療法人財団順和会 山王病院」皮膚科部長の佐藤佐由里先生に聞きました。

手荒れは皮膚のバリア機能の低下でおきる

もともと手の平の皮膚は、角層(皮膚の表面を覆う部分)が厚くできています。しかし、冬の乾燥した空気に素手をさらしたり、お湯で食器洗いをしたりするなどの刺激が加わると、角層の水分や皮脂が失われて、バリア機能が低下します。

バリア機能が低下した肌には、洗剤や食材などが刺激になりやすいため、ますます荒れやすく治りにくい肌になっていくのです。

アトピー性皮膚炎やドライスキンの人は、角層の水分や脂質が少ないことから手荒れをしやすいと言われています。

手に汗をかきやすい人も、角層が弱くなっているので、手荒れには注意しましょう。

手荒れはどのように進行する?治療法は?

最初はカサつきから始まります。この時点ならハンドクリームで対処できますが、やがて進行するとかゆみ・赤みが起こります。これを繰り返すと皮膚はゴワゴワと硬くなり、動きに耐えられなくなった皮膚がぱっくりと割れます。

さらに悪化すると、リンパ液や血が浸み出してしまうことも。こうなるとかなり重症の手荒れです。

赤くなったり、ズキズキと痛みが出て来たときは感染症を起こしている可能性も。

日々のハンドケアでもカサつきが改善されず、ゴワゴワや赤みが続く場合は医療機関を受診しましょう。

こまめなハンドケアで手荒れを悪化させないことが肝心

ハンドケアの基本は保湿と清潔を保つことです。

  • 肌に刺激になりそうなものがついたときはすぐに洗い流すこと。毎回ハンドソープを使うと皮膚の水分や脂質が失われる可能性があるので、水で落ちるものは流水で洗います。
  • 手荒れをしているときは、敏感肌用の石けんなどを使いましょう。また、手を洗ったあと濡れたままにせず、きちんと拭くことも乾燥を防ぐコツです。
  • 食器洗いのときにはゴム手袋をするといいですが、ゴム手袋そのものにかぶれる人もいます。その場合、手の平側ではなく、手の甲や指の関節部分が赤くなるのが特徴です。

ハンドクリームはどんなものでもOKですが、荒れている部分に最初につけ、手全体にぬり広げる。そして、こまめにつけなおす。夜寝る前に必ずつけることがポイントです。

就寝中は絶好のハンドケアタイム。クリームを塗ったあと手袋をしてから眠ると、浸透が高まり効果的です。手袋はきちんと洗い、清潔なものを使いましょう。

パックリ割れまで進行するとなかなか治らない手荒れですが、毎日のケアを心がけて、今年は悪化させないようにしたいです。私は水仕事の後、手を濡れたままにしがちなので、水気をきちんと拭くことも徹底しようと思いました。

取材協力:「医療法人財団順和会 山王病院」皮膚科部長 佐藤佐由里先生

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-21 01:34:39

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!