なぜ、布団たたきが厳禁なの? 布団・マットレスのハウスダスト掃除術

housedust_bed

 

気をつけたい、寝室のハウスダスト掃除・メンテナンス術

前回は、アレルギーに関する基礎知識をお伝えしましたが、今回&次回はお掃除方法をご紹介。

まずは、ダニのフンや死骸が増えがちな寝室から。前回同様、花王の繰井淳さんに教えてもらいました。

布団を干した後にたたくのは厳禁!?

ダニは湿気が大好き。布団に溜まった湿気を追いやるには、天気のよい日に干すのがいちばんです。できるだけこまめに干すようにしたいですね。

注意すべきは、干す前や干した後、布団たたきで叩かないこと

ダニのフンや死骸は、小さくなるほど体の中に入りやすくなりますが、布団をたたくことでダニの死骸が細かく砕かれてしまいます。また、布団の中に入っているダニのフンや死骸が表に出てきてしまい、寝るときに吸い込みやすくなるそうです。

布団についたダニのフンや死骸をしっかり除去するには手で払ったり掃除機で吸ったりするのが効果的だそうです。布団を干すときに、ハウスダスト除去スプレーをまんべんなくスプレーしておくと、手で払うだけでも取り除きやすくなります。

羽毛布団は繁殖しにくいので干さなくてOK

寒い季節に重宝する羽毛布団は、乾燥しやすいので干さなくていいのだとか。カバーを洗う程度のメンテナンスで十分です。

 

マットレスの中のダニは掃除機で吸い出す

布団のように干せないマットレスは、ベッドカバーやパッドをこまめに洗濯するのはもちろん、掃除機を使ってダニのフンや死骸を吸い出します

フローリングや絨毯を掃除するヘッドのままでは吸い付いてしまい、ベッドの生地を傷めたり、スムーズに動かせないため、専用ノズルやローラーを利用します。ただし、吸い込みが悪くなる場合もあるので、時間を掛けてゆっくりと動かすようにしてください。

ハウスダスト除去スプレーをかけ、乾いてから掃除機をかけると、ハウスダストを吸い出しやすくなります。

 

敷き布団はすぐにたたまず、少し時間をおいてから

敷き布団を毎日上げ下げしている人は、すぐに畳んで押し入れへしまわないようにします。できれば起きてから1~2時間は広げておき、夜中にかいた汗などが飛ぶのを待ちましょう。湿ったまま押し入れにしまうと、ダニが繁殖しやすくなります

 

布団・マットレスのハウスダスト掃除・メンテナンスのまとめ

  • 布団たたきはNG! ダニのフンや死骸は手で払うか掃除機で吸い取る
  • マットレスの中のダニのフンや死骸は、掃除機を使ってゆっくりと吸い出す
  • 敷き布団はすぐにたたまず、1~2時間おいて湿気を飛ばしてからしまう

商品情報

ソファやふとんのハウスダスト対策に 「クイックル 舞い上がりをおさえるハウスダスト除去スプレー」

ハウスダスト対策掃除術まとめ

 

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 12:00:22

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!