2015年、2016年秋冬、注目のファッションアイテムとは?[アウター・ボトムス編]

479395700b

 

朝晩は冷え込むようになり、秋冬物の洋服が欲しくなる季節となりました。せっかくなら、合わせやすさや着こなしやすさを重視しつつ、トレンド感のあるアイテムを選びたいもの。そこで今回は、スタイリストの渋谷有紀さんに、ベーシックで着回しが効きながら、今年っぽさもあるアウターとボトム選びのコツを聞きました。

キーワードは「ノームコア」と「70年代」

この秋冬もシンプルかつ上質なアイテムを組み合わせる『ノームコア』が流行。ベーシックな服をシンプルにスタイリングするのが主流となっています」と渋谷さん。

また、新たな流れとして「70年代リバイバル」のファッションも要チェックなのだそう。 「全身をハッキリした色合いのサイケデリックなファッションにするというよりは、要素をひとつ取り入れる程度にし、全体はシンプルにまとめるのが今っぽい」とのことです。

「丈が長めのコートやアウター」はマストバイ

では具体的に、どのようなアイテムを購入すればよいのでしょうか。まずはコート選びのポイントです。

「今年は、丈が長めでスッキリしたデザインのコートが流行中です。コーディネートのしやすさを考えるのであれば、膝丈くらいのものがおすすめ」。

シンプルやベーシックなファッションが好きな人は、定番のトレンチコート、ダッフルコート、Pコートを。マニッシュ派の人なら、去年より人気のチェスターコート。フェミニンが好みであれば、女優のようなガウンコートを選んでみて。

また、ロングカーディガンも押さえておきたいところ。着やせ効果もあり、1枚で即今年っぽい着こなしができるとのことなので、ぜひ取り入れたいアイテムです。

「ガウチョパンツ」と「膝下丈スカート」がトレンド

お次はパンツとスカートの選び方です。 「やはりワイドパンツは外せません。とくにガウチョパンツは今年っぽさ満点ですし、ワイドパンツよりはバランスも取りやすいので1本持っていて間違いないと思います。化繊の入ったしなやかな生地のものは体型カバーも望めますし、ウールの入ったハリのある生地なら、下にタイツを履いて真冬まで着られますよ。

スカートを買うなら、膝下丈のものが良いでしょう。いずれにせよ、膝上丈のボトムス(ミニスカート、ショートパンツ)は一旦お休みといったところでしょうか」。

「トップスはコンパクトにまとめ、縦のラインを意識すること」が今年っぽい着こなしのポイントだそう。

太めのパンツや丈の長いアウターなど、体型カバーが自然と叶うファッションがトレンドというのはうれしいところ。渋谷さんのアドバイスを参考に、秋冬ファッションを楽しんでくださいね。

取材協力:渋谷有紀さん

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-22 15:42:08

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!