マンションのベランダを簡単&キレイにするお掃除方法とは?

Exif_JPEG_PICTURE

 

今年も秋がやってきました。夏の間、暑さを理由に手入れを怠っていたベランダが、気づけば植物は枯れて葉が落ち、床には泥がこびりつき、無残な状態に。水を思いっきり流して汚れを落としたいところですが、そうというわけにいかないのが、集合住宅ならではの悩みです。そこで、水を使わずにキレイに落とせるベランダの掃除方法を試してみました。

まずはベランダ全体のゴミを取り除く

ベランダの素材はタイルやコンクリート、強化プラスチックなどがありますが、わが家は防水コーティングがしてあります。高圧洗浄機を使いたいところですが、騒音も気になるし、大量の水を使うのもご近所迷惑になる可能性が。

まずは、ベランダに常設している鉢植えをどかして、枯葉や土、糸くずなどのゴミをほうきで掃いて取った後、どんな汚れが残るか確認します。

Exif_JPEG_PICTURE

排水口も枯葉や泥がたまると詰まってしまうので、ゴミを取り除いておきます。

軽度の泥汚れや砂はクイックルワイパーでキャッチ 

掃き掃除をして、残った汚れは泥や砂ぼこり。ベランダ全体を雑巾がけするのは大変そうだなと思っていたところ、ひらめいたのが、「クイックルワイパー」を使うというアイデアです。「クイックルワイパー」に「立体吸着ウェットシート」をセットし、床を拭いてみると、楽に落ちる落ちる! 

Exif_JPEG_PICTURE

汚れは「クイックルワイパー」を使うと、短時間で床をキレイにできました。水を使わなくてもここまで汚れが落ちるとは、感激です!

「クイックルワイパー 立体吸着シート」は、床の表面ががザラザラしている場合はシート成分がしみ込んだり、シートの繊維が抜けることがあります。目立たない所で試してからお使い下さい。

こんなにスッキリ、ピカピカになりました!まるで入居したばかりの頃のようです(笑)。

Exif_JPEG_PICTURE

手すりをシートで磨いてピカピカに

床がキレイになったら、目についたのが手すりの汚れ。

いつも布団を干す前に布でさっと拭いていましたが、それだけでは取りきれない汚れが気になっていました。

そこで「マジックリン ピカッと輝くシート 厚手パッド」で磨くことにしました。シートを水で濡らしてこすると、あっという間にシートが真っ黒に!いかに汚れていたのかが分かります。

Exif_JPEG_PICTURE

見てください、違いが分かるでしょうか?

右がシートを使ったところ、左がこする前の手すりです。こんなに汚れが落ちるとは思いませんでした。

最後に鉢植えを戻して終了です。

Exif_JPEG_PICTURE

ここまでキレイになったら、年末の大掃除も簡単に済ませられそうです。冬になると長時間外で掃除をするのは億劫になるので、寒くなる前の秋に掃除をしておくのはいい選択でした。

わが家のまわりはカラスやハトなどの鳥も結構多いのですが、清潔にしておくと鳥は近寄らないといわれています。こまめに掃除をして、キレイなベランダをキープしたいと思います!

商品情報

クッションヘッドが、床面にしっかりフィットして、シート全面でホコリ・髪の毛をたっぷり捕集するダストワイパー

クイックルワイパー

ホコリ・髪の毛・ハウスダストをからめとりながら、食べこぼし・皮脂汚れ・砂ボコリをスッキリ除去するフロア用そうじシート(ウエットタイプ)

クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート 香りが残らないタイプ

物干し竿や手すり、ベランダの床や室外機、窓ガラス等の外まわりや広い場所に蓄積した汚れを落として、ピカピカの輝きがよみがえらせる住宅用そうじシート

マジックリン ピカっと輝くシート 厚手パッド

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-25 17:35:54

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!