[香りで衣替えを楽しもう!] 夏物を収納する前のお洗濯で気を付けたいポイントは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

お気に入りの夏物は、きちんとしまって来年も活躍させたいものですね。

そこで今年は、[香りで楽しむ衣替え]でモチベーションをアップすることに!

お気に入りの香りが残る柔軟剤を使って、衣替え前のお洗濯を実践してみました。

気をつけて! 残った汚れのエイジング

衣類に汚れが残っていると時間の経過によってシミや黄ばみ、ニオイに変化してしまうのだとか!?

これを汚れのエイジングというそうです。

ちゃんとお手入れしないと後悔するのは夏のお肌も衣類も同じなんですね。

お気に入りの洋服が翌年取り出してみたら台無しに……なんてことのないよう、収納前にはどんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

汗や皮脂はしっかり落ちている?

汗や皮脂の分泌が多い夏は、ちゃんと洗ったつもりでも衣類の汚れが落ち切れていないこともあるそうです。

たくさん汗をかいたり、汚れ落ちに不安のある衣類は、一度洗っていても収納前にあらためてお洗濯するのがオススメ。

また、夏の間クリーニングに出していた洋服も、通常のドライクリーニングでは水溶性の汚れが落ちにくいため、汗が繊維に残っていることが少なくないとか。

絵表示を確認して水洗いが可能であれば、おしゃれ着用の中性洗剤を使って、手洗いまたは洗濯機のドライコースできちんと汗を落とす必要があるとのこと。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

繊維に残った汗や皮脂をしっかり落とすコツはというと……。

洗濯機に入れるまえに、汚れやシミのチェック

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

汗や皮脂の汚れがつきやすいエリ・脇の下の部分におしゃれ着用の中性洗剤の原液をつけ、指で優しくなじませます。

洗濯ネットに入れてドライコースで洗います。

Tシャツや綿ブラウスの場合は、エリや脇の下にスプレータイプの酸素系漂白剤をスプレーしてから、洗濯機に入たり、洗剤と一緒に液体酸素系漂白剤を使うのもニオイや黄ばみが気になる場合に効果的。

全体的な汚れにはつけ置き洗い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全体的に汚れが気になるときは、つけ置き洗いが効果的。

洗濯機に低めに水を張り、通常の洗濯と同じ量の洗剤を入れて約1時間つけ置き、その後は通常の水量まで水を足して他の洗濯物と一緒に洗えば、水も洗剤も無駄になりません。

好きな香りの柔軟剤で気分よく。

??

仕上げに香りが残る柔軟剤を使うと、干したり、畳んだりの作業が楽しくできるのでオススメとのこと。

洗濯機の使い方も要チェック!

  • 洗濯物を詰め込み過ぎない 
  • 洗剤は適量を守って使う
  • 洗濯槽の汚れもチェック

これらが守られていないと、せっかく洗っても汚れが落ち切れなかったり、ニオイが残ってしまうことも!

まとめ

  • センイに残った汚れが時間の経過でシミや黄ばみ、ニオイの原因に。
  • お洗濯で、汗や皮脂などの汚れをしっかり落としてから収納を。
  • 仕上げには香りのよい柔軟剤を使って、楽しく作業。

商品情報

大切なおしゃれ着を洗濯するときに。汚れをしっかり落としながらも、色・シルエットをしっかりキープ。
エマール

香りセンサーの働きで、干すときも畳むときもずっといい香り!
フレアフレグランス

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 11:50:35

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!