花粉シーズンの前に。ニオイのしない洗濯物の部屋干しのコツ

PH4b

 

1月に入ると警戒しなければいけない花粉。わが家では、夫と長男が花粉症なので。花粉が飛んでいる時期は、洗濯物は外へ干せません。ただ、部屋干しするとやっぱりニオイが気になります。部屋干し中心になる時期だからこそ、嫌なニオイのしない部屋干しのコツをおさらいしてみました。

洗剤の選び方が最大のポイント

部屋干しで発生するニオイの原因の1つは、衣類に潜む〈生乾きのニオイ菌〉の繁殖によるものなのだそう。洗濯しても落としきれなかったニオイ菌がどんどん増殖して、生乾きのニオイが発生してしまうのだとか。干している間に菌が増殖するなんて、考えるだけで憂鬱になります。

では、普通に洗っても抑えられないニオイを解消するためにはどうしたらいいのでしょう。

実は、洗剤選びが重要なんです。
選んだのは、今回リニューアルした「アタックNeo抗菌EX Wパワー」。

DSC07946a2

 

ロングパワー抗菌成分を配合し、部屋干しの生乾き臭はもちろん、今まで抑えられなかった着用中の汗臭菌(※)さえ抑えます。
※衣類上の汗のニオイの原因菌のこと

そして、24時間防臭仕上げの柔軟剤「ハミングファイン」も一緒に使用しました。洗い上がった洗濯物は、ほんのりいい香りに。

ファイン再撮a

洗濯が終わったらすぐに干す

そして、洗濯が終わったら、すぐに干すというのも大きなポイント。湿った状態で洗濯機の中に放置していると、せっかく抗菌洗剤で洗っても、また雑菌が繁殖してしまうことにつながるようです。

部屋干しのときは、特に洗濯が終わったらすぐに洗濯機から取り出して干しましょう。

PH3a

洗い上がりの洗濯物は、柔軟剤の香りがするので、部屋全体にもさわやかな香りが広がります。

間隔を開けて干し、短時間で乾かす

さらに、干し方のポイントは間隔をあけて干すことだそう。

スペースに限りがあるので、なかなか難しいですが、わが家ではピンチハンガーや8連につながったハンガーなどを使用し、限られたスペースの中でも間隔をあけやすくしています。 PH4a加えて、大切なのは短時間で乾かすことなのだそう。

部屋干しだと、どうしても洗濯物が乾くのに時間がかかってしまいますが、わが家では家の中でいちばん日当たりがいい子ども部屋に干すことにしています。 PH5a

曇りや雨の日など日が差さない場合は、扇風機などを使用するのがおすすめ。

浴室乾燥機で一気に乾かすのも、ニオイを出さないためには効果的です。

部屋干しでも、洗剤や柔軟剤に適したものを選んだり、干し方を工夫したりすることでスッキリした洗い上がりになりました。

息子2人が部屋干し後のシャツを着て、学校へ行きましたが、帰宅後も汗のニオイはなし!抗菌パワーを実感しました。本格的な花粉シーズンが来てもこれならバッチリです。

花粉が気になって外に干せない…。そんなあなたに。

おすすめ商品のご購入はこちら
  • amazon
  • 楽天ICHIBA24
  • ケンコーコム
  • LOHACO
  • 爽快ドラッグ

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-29 01:00:31

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!