新生児の服の水通しはやらなきゃダメ?その方法とは?

Top view of baby clothes for newborns. Background

 

赤ちゃんの衣類を新しく買ったら、水通し(水洗い)をする必要があります。2児の母である私も妊娠後期に大量の服を水通しした経験がありますが、そもそもなぜ水通しが必要なのか、よく知りませんでした。水通しの意味や正しい方法について、日本子育てアドバイザー協会の田中淑恵さんに聞きました。

水通しで、生地の感触を柔らかく、汗の吸収率もアップ

水通しで糊を洗落とさないと、生地の感触が固く、吸水性も悪くなります。水通しすることで生地が柔らかくなり、汗も吸収されやすくなるので、赤ちゃんのためにぜひやってあげてください」と田中さん。

「洗った後に天日干しをするため、晴れている日に行います。 おむつカバーやマジックテープがあるものは、テープをつけた状態で、ネットに入れておきましょう」とのこと。

水通しのタイミングは、場合によっては予定日より早く産まれる可能性も考えて、妊娠33〜34週頃にするといいでしょう。

洗剤は使わず、水のみを使って洗濯機を回す

洗濯機に水をためて洗い、脱水まで行います。洗剤は使いません。手洗いでも構いませんが、手間を考えると洗濯機がおすすめです。

洗濯機の汚れが気になる場合は、水通しの前に洗濯機クリーナーでキレイにしておきましょう。

しっかりと乾燥させて、菌の繁殖&ニオイを防止

水通しが終わったらシワを伸ばして、風通しが良くなるよう、服と服の間隔をあけて干しましょう。

日当たりの良い場所で紫外線にしっかりと当てることで、菌の繁殖やニオイを予防する効果が期待できます。

花粉が気になるときは部屋干しでも構いませんが、窓際で日光に当てましょう。また扇風機の風を当てて、生乾きを防いでください。

たくさんの衣類をまとめて洗濯機で洗えるなら、さほど手間はかからないですよね。生まれてくる赤ちゃんが気持ち良く着られるように、ぜひやってあげてください。

取材協力:日本子育てアドバイザー協会

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-21 03:34:26

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!