知っておきたいアイロンの基本と簡単にパリッとするワイシャツのかけ方

Closeup Of Hands Ironing Clothes

 

パリッとしたワイシャツを着ているひとって、カッコイイですよね。 でも、僕がもっとカッコイイと思うのは「自分で自分のワイシャツにアイロンをかける人」です。夫婦共働き時代の今、自分でアイロンをかけられれば、きっと奥さんからのポイントが高くなるに違いありません。とはいえ、アイロンがけは難しいイメージがありますよね。今日はアイロンがけを簡単キレイに済ませる秘訣をお伝えします。

アイロン剤の使い分けがポイント

アイロンだけでアイロンがけをする人が多いようなのですが、スプレーを上手に使いこなすと断然仕上がりが違います。

そして、ポイントはアイロンがけの用途別に2つの剤を使い分けること。

ワイシャツの襟や袖などをパリッと仕上げたい部分には、「キーピング アイロン用のり剤」を使用します。 襟や袖などをパリッと仕上げたい部分には、「キーピング アイロン用のり剤」 また、ブラウスのように柔らかく、シワができやすいものには、しなやかなハリを長持ちさせる「キーピング スムーザー アイロン用シワとり剤」がおすすめです。 シワができやすいブラウスなどには「キーピング スムーザー アイロン用シワとり剤」

また使用時には、〈約20センチ離して吹きつけるとムラなく全体にスプレーできます〉。1か所につき、2回吹きつければ十分です。

アイロンがけの秘訣は細かいところから広いところ

具体的には、アイロンは厚手→薄手の順番でかけていくのがベスト。

ワイシャツの場合、えり→肩→そで口→そで→身ごろの順番で進めると、アイロンがけしている間にシワになってしまうのを防ぐことができます。 ワイシャツのアイロンがけは、えり→肩→そで口→そで→身ごろの順番でまずワイシャツをアイロン台においたら、洗濯ジワができているところは手で伸ばして、ピターっと整えておきます。焦って一度にかけようとせずに、「平らになったところだけをかけること」、これが重要です。

かけおわった部分を自分の反対側におくりながらかけていくと、アイロン中のシワの防止になります。

立体的な部分のアイロンがけのコツ

最後に、肩の部分や袖口のように立体的なところを、折り目をつけずにシワなく整えるコツを伝授します。

準備するのは「バスタオル」です。 バスタオルを二つ折りにしたあとで丸め、ワイシャツの肩のところや袖口に突っ込みます。 ワイシャツの肩や袖はバスタオルを使って その上からアイロンをかけていけば、難なくシワをとることができますし、不要な折り目もつきません。写真(下)のようにキレイに仕上がりました。ワイシャツのアイロンがけ完了!

アイロンがけって最初は面倒だなと思うんですが、やっているうちに意外とクセになるんです。とくに男性は凝り性なひとが多いですから、はじめは下手でも、だんだん奥さんより上手になったりして(笑)。 皿洗いや掃除は苦手だっていう人も、アイロンがけだけは好きになれるかもしれません。とくに家事シェアをしたい男性にはおすすめの仕事です。

アイロンがけがラクになるお助けアイテム。

おすすめ商品のご購入はこちら
  • amazon
  • 楽天24
  • ケンコーコム
  • LOHACO
  • 爽快ドラッグ

メイン写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-24 03:58:29

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!