[ブロガーあおいさんに聞く]お片付けしてもらいやすいおもちゃ収納

colorful toys

 

大きさも形もバラバラで収納しづらい子どものおもちゃ。整理してもすぐに散らかってしまうのは、収納の仕方に問題があるのかも。片付けしやすいおもちゃ収納のコツを、人気ブログ「My simple home」を運営するあおいさんに聞きました。

子どもが開け閉めしやすく、中が見える収納袋を選ぶのがコツ

あおいさんいわく、細々としたおもちゃは、種類別に分け、ファスナー付きの袋に入れておくとスッキリ整理できるのだそう。

1-1a写真(上)のA5サイズ半透明の収納袋(8枚入り)は、あおいさんが100円ショップでゲットしたもの。

1-2a

「この収納袋は、スライドファスナー式なので、子どもでも簡単に開け閉めできます。いつでも子どもが自分で使いたいものを選べるので、便利。シンプルなデザインも気に入っています」。

子どもでも開閉自由ということは、お片付けも頼めるということ。おもちゃの収納にはぴったりですね。

場所をとるものの収納には、棚板を増設して解決

ジグソーパズルなど、遊ぶたびに出したり入れたりするおもちゃはケースが壊れがち。以前からあおいさんのご家庭では、ケースを捨て、特大サイズのジッパー付き保存袋に入れ替えていたのだそう。

しかし、省スペースのために、本棚の脇に立てて収納すると、パズルがバラバラになって下にたまり、何かの拍子にピースが折れてしまうことも。

2-1a

そこで、「本棚の棚板を増やして、横にしまうことにしました」とあおいさん。既存の本棚に簡単なDIYで棚を増やせば、用途が広がります。今回は、パズル専用の高さの低い棚をつくり、大きめの落書き帳も一緒にしまいました。

2-2a

棚板や棚受け、ダボネジはホームセンターやネットで注文し、指定したサイズにカットしてもらえるので、DIYが苦手な人も大丈夫。

ドールハウスのパーツはピアス用ケースに収納

「シルバニアファミリー」のドールハウスが娘さんのお気に入りだというあおいさん。細かいパーツのあるおもちゃは、いつの間にかなくしてしまうことも多いですね。あおいさんのご家庭でも、大きな箱にしまっていたら、小さなパーツが行方不明になってしまったそう。

そこで、それらの細かいパーツを無印良品のピアスケースに収納することにしました。

20160120164248074a

そして、あおいさんならではのひと工夫。「娘がしまうとき、パーツがすべて揃っているか確認できるよう、ケースの中身を撮影。その写真をケースの内側と外側に貼ってみました」。

こうすることで、娘さんは自分でパーツと写真を照らし合わせながら、ゲーム感覚でお片付けしてくれるようになったそう。

毎日使う子どものおもちゃは「取り出しやすく、しまいやすい」ことが大切だと実感。収納が工夫されていれば、子どもにお片づけの習慣を無理なく身につけることができそうですね。

取材協力:あおいさん

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-24 14:13:57

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!