ホコリが一気に取れる!ブラインド掃除のコツ

Businesswoman looking out office window

普段はあまりお手入れする機会がないブラインド。汚れも目立たないなと思いつつも、実際に触ってみると、指先で文字が書けるほどホコリが溜まっていたり・・・。何となく面倒だったブラインド掃除ですが、花粉も気になるこの季節だからこそ、チャレンジしてみることにしました。

ホコリや花粉が付いた窓際のブラインド、拭き取ってサッパリ

窓を開け閉めするだけでも、花粉の侵入が気になるこの季節。窓のブラインドにはホコリとともに花粉も付着しやすく、しかも静電気の影響で取りにくい。そこで、「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」が大活躍。

ブラインド1_2a

手の届かない高いところや、すき間の奥など、掃除しにくい部分も含め、「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」で軽くなでるように拭くだけ。ヘッドについているふわふわキャッチャーは吸着性が高く、目に見えにくい細かなホコリを舞い上げずに花粉まで絡めとってくれます

しつこい汚れは住宅洗剤も併用

ブラインドに溜まったホコリ汚れは、「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」をすべらせるだけで、簡単にオフできましたが、他に汚れの落ちにくい箇所には、「かんたんマイペット」などリビング用洗剤を含ませた布で拭きましょう。

ブラインドで手を切らないためにゴム手袋をつけてから拭きましょう。

2_2a

軽く拭くだけで、汚れが簡単に落ちます。

2_1a

 

布製などのブラインドには使えないので、材質をよく確認してください。

ついでに窓のサッシや溝も拭き掃除

 「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」をブラインド掃除に使うときは、まず汚れの軽いブラインドから掃除し、最後に窓から吹き込んだ泥汚れや砂ぼこりが気になるサッシの溝を拭きましょう。

ブラインド3a

掃除方法は簡単。「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」を立てて、拭くだけ。

「ふわふわキャッチャー」が汚れをすっきり取って、さっぱりさわやか。真っ黒に汚れたり、ホコリが取りにくくなったりしたら、新しい「ふわふわキャッチャー」に取り替えるだけなので、手軽です。

 ブラインドって、1枚1枚を掃除するのが面倒だと思っていましたが、「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」なら、さっとひと拭きするだけ。からめとった汚れを見ると、思っていた以上に汚れが付着して、ビックリしました。普段は手入れが行き届かない場所ですが、しっかりお掃除して、花粉の季節でも心地よく過ごしたいものですね。

商品情報

ホコリ・花粉・ハウスダストを360°瞬間キャッチ!気になるポイントに合わせて伸び縮み、曲げ自由自在のダストワイパー

クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ

住まいのふきそうじに幅広く使える、スプレータイプのリビング用洗剤

かんたんマイペット

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-25 22:33:46

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!