[TOTOに聞く]温水洗浄便座のお掃除

Interiors of a bathroom of an accessible home

 

便器の中はもちろん、「ウォシュレット(R)」などの温水洗浄便座の汚れは気になるものですが、そもそも通常のトイレ掃除と方法は違うのでしょうか。今回は「TOTO」の桑原由典さんに温水洗浄便座の掃除の仕方を聞きました。

ふだんのお掃除法

「温水洗浄便座の掃除のポイントはズバリ汚れをためないこと。用を足したときに飛び散りがあったときも、その都度サッと拭いておけば、お掃除はとてもラクになりますよ」と桑原さん。次に具体的に用意するもの、掃除の仕方を聞きました。

用意するもの

  • トイレ用お掃除シート
    または濡れ雑巾
  • 中性洗剤
  • ブラシ

温水洗浄便座の掃除方法

1.まず電源プラグを抜く

温水洗浄便座は電化製品なので、お手入れの際は誤作動などを防ぐためにも基本的にはプラグを抜きましょう。

2.トイレ用お掃除シートや濡れ雑巾でさっと便座の表面を拭きます。次に便ふたの表裏、便座の裏側や便器との取付面を拭いて、しばらく開けたままにしておき乾燥させましょう。

3.便器のふちの裏は汚れがたまりやすいので、「トイレマジックリン」などのトイレ用洗剤を吹きつけブラシでこすりましょう。

目につきにくい場所の汚れはニオイの原因になるので、意識して掃除するのがベター。

汚れが気になってきたときのお手入れ法

汚れが気になりだしたら、いつもより丁寧にお掃除しましょう。普段のお掃除に加え、ノズルや操作部の掃除などを行います。素材に合わせた道具や洗剤を使うと便利です。

用意するもの

  • 柔らかい布
  • トイレ用洗剤、または中性洗剤
  • 綿棒または割り箸

温水洗浄便座のノズル・操作部の掃除方法

1.まずは、ノズルを出す。ノズルおそうじ機能付タイプのものは電源を入れて「ノズルおそうじ入/切」スイッチを押し、ノズルを出します。

2.柔らかい布で水拭き。ひどい汚れの場合は、トイレ用洗剤を含ませた布で拭き取り、最後に水拭きします。

3.ノズルを収納する。再度「ノズルおそうじ入/切」スイッチを押し、ノズルを収納します。

このとき、ノズルの先端を無理に引っ張ったり、回すと故障の原因になるのでNG。

4.操作部やリモコンなどの細かい部分の汚れは、綿棒か割り箸に布を巻いたものに薄めた中性洗剤をつけて拭き、最後は水拭きで仕上げましょう。

温水洗浄便座全体を外して、年に1~2度は大掃除を

温水洗浄便座などの手の届きにくいところは、年に1~2度は家族みんなで掃除をするのがオススメ。そうすることで日頃から汚さないように心掛けるようになるはずです。

用意するもの

  • トイレ用洗剤または中性洗剤、トイレ用お掃除シートまたは雑巾
  • 綿棒または割り箸
  • やわらかい布

温水洗浄便座の大掃除

1.まずプラグを抜いて、便座・便ふたを取り外します。

2.便座・便ふたの本体取付部の間はホコリがたまりやすいところなので、トイレ用洗剤を吹き付けるか薄めた中性洗剤を浸したやわらかい布で拭き、最後は水拭きで仕上げます。細かい部分は、綿棒か割り箸に布を巻いたもので行いましょう。

3.便座取付面は、小便が入り込んで黄ばんだ汚れがつき、ニオイの原因になりやすいところ。湿らせた柔らかい布にトイレ用洗剤か薄めた中性洗剤をつけて拭き、最後は水拭きで仕上げましょう。

脱臭機能付きの便座の場合は、このタイミングでフィルター掃除もするといいでしょう。

毎日使う場所だからこそ、こまめに掃除をして汚れをためないというのは大切ですね。ノズルや取付部の汚れは本当に気になるので、やはりみんなで掃除をして、きれいに使うよう促したいですね。

取材協力:TOTO

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-17 22:35:42

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!