[無印良品に聞く] 机やイスに変化⁉一人暮らしで使い回せる収納グッズ

DSC08050b

 

この春、一人暮らしデビューをしたという人も多いのでは。ワンルームなどの間取りは収納スペースが不足しがちなので、収納グッズを上手く取り入れたいものです。 「無印良品 有楽町」のインテリアアドバイザー渡部奈保さんによると、「用途に応じて使い回せたり、ライフスタイルが変わっても使い続けられる収納用品がオススメ」とのこと。今回は、「無印良品」で一人暮らしに便利な収納アイテムについて聞きました。

組み合わせ自在なユニットシェルフ

豊富なサイズ展開と多彩なパーツを組み合わせることで、使い方が無限に広がる「ユニットシェルフ」は、「無印良品」でも人気の収納アイテム。一人暮らしのワードローブとして使うなら、幅86cm×奥行41cm×高さ175.5cmのサイズがぴったりだそう。

DSC08053a

「別売りのワードローブバーと引き出しを組み合わせるのがオススメ。収納のニーズに合わせて自由に形を組み替えられるので、棚板の位置を変えればミニデスクに変身させることもできます」(渡部さん)。

DSC08057a

置くだけで部屋がオシャレにみえるワイヤーバスケット

衣類やタオル、ストック食材など、しまうものを選ばないスタイリッシュなワイヤーバスケット。 「壊れにくくサビにも強いので長い間使えます。持ち手を内側におさめれば、スタッキングも可能です」(渡部さん)。

DSC08049a

観葉植物などを飾って見せる収納を楽しんだり、脱いだ衣類を無造作に入れておいてもさまになりそう。インテリアのアクセントになってくれそうです。

商品情報

無印良品「ステンレスワイヤーバスケット2」(2,000円・税込)

無印良品「ステンレスワイヤーバスケット5」(2,900円・税込)

無印良品「ステンレスワイヤーバスケット6」(3,900円・税込)

イスとしても使える!頑丈な収納ボックス

シンプルなデザインでどんなインテリアにも溶け込む収納ボックス。しかも耐荷重が約100kgでチェア替わりにも使えるスグレものです。

DSC08045a

「収納、イスと1つで2役の便利アイテム。しっかりフタが閉まるのでベランダなど屋外でも使用可能です」(渡部さん)。

少数精鋭でモノを揃えたい一人暮らしでは、何通りもの使い方ができるアイテムが重宝しそうです。

商品情報

無印良品「ポリプロピレン頑丈収納ボックス・小」(1,300円・税込)

無印良品「ポリプロピレン頑丈収納ボックス・大」(1,800円・税込)

サイズが豊富で場所に応じて選べる鉄板収納

PP衣装ケースは、収納の顔とも言えるアイテム。

DSC08042a

「一般的なクローゼットや押入れの寸法に合うように設計しているので、入れたいものやスペースに応じて選びやすいのが魅力。荷物を詰めたまま運べるので、引っ越しのときにも便利です。奥行きのある押入れなどでは、キャスターを付けた奥行きの浅いケースを使うと、前後を入れ替えるだけで簡単に衣替えもできます」(渡部さん) 。

衣類に限らず、キッチン、洗面周りなど、シーンを選ばずに使えそうです。

商品情報

無印良品「PP衣装ケース引出式」(1,200円〜・税込)

「無印良品」では、豊富な知識を持つインテリアアドバイザーが、随時、収納やインテリアの相談にのってくれるインテリア相談会を実施中。ぜひ活用して、シンプルな一人暮らしを実現しましょう。

取材協力:無印良品

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-26 09:08:22

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!