[収納&コーディネートのプロに聞く]「フランフラン」で模様替えの雑貨アイデア[リビング編]

DSC08103b

 

新生活も始まって、なんだか心も弾む今日この頃、家族の集うリビングも、春らしい気分を満喫したいもの。そこで、今回は整理収納アドバイザーの中山真由美さんに、「フランフラン」のアイテムを使って片付けもできちゃう一石二鳥の模様替えについて聞きました。

クッションカバーをチェンジしてガラリと春色に

夏にリオ五輪も開催される今年は、フレッシュでジューシーなインテリア小物が流行。そんなアイテムをリビングに散りばめるのがオススメです。

「冬っぽい温かみのあるインテリアをガラリと春らしく変えるには、クッションカバーが一番。カバーは外してたたむとかさばらないので、手軽に模様替えできます」。

F3_a

「今年らしいフレッシュな果物柄と、レースやサテン地などの光沢感のある白いカバーを組み合わせると、大きな面積で変化をつけられるので、春らしさがぐんとアップします」と中山さん。

DSC08103aa

 

アクセントカラーは全体の2%くらいで。そして3色でまとめると、生活感を消し去り空間のまとまり感が出るそう。白・緑・黄の3色でまとめると春らしいコーディネートに。

商品情報

フランフラン「オラリア クッションカバー ホワイト」(2,700円)、「シトラス クッションカバー イエロー」(3,780円)、「アラーナ クッションカバー ホワイト」(2,160円)※税込

ソファ周りで使うアイテムは手の届く場所に収納

ソファ周りは、くつろぎながらいろんな作業をする便利な場所。テレビのリモコンや爪切りなど使ったらそのまま、コーヒーテーブルの上などに乱雑に置いてしまいがち。

いくら素敵なインテリアでも、生活感が出ていたら台無しです。元の場所に戻すのも面倒だし、また同じ状況になることが目に見えるので、いっそのことこれらをざっくりと入れるカゴを用意しましょう。

DSC08106a

「ソファやクッションカバーと同じテイスト、カラーのカゴを選べば、スッキリ見た目も整って、春らしい軽やかさもプラスできます」。

商品情報

フランフラン「ヴィフ ブックボックス M ビート」(1,620円)、「デュオ ティッシュ ボックス ホワイト」(2,400円)、「デュオ DVDボックス ホワイト」(2,500円)、「チューブラー ホワイト」(3,564円)※税込

また、ゴミ箱の内側にかけたビニール袋が見えないゴミ箱は、お客様を通すリビングにこそ、生活感をださないためのキーアイテムなんだそう。ほかの家具やインテリア小物に合わせて白をチョイス。中山さんの経験上、ゴミ箱選びが部屋のおしゃれ度を左右するということでした。

まるで本?ブック型収納で差し色と小物収納を両立

ソファ脇にこんなマカロンカラーのグリーンのサイドテーブルを置くと、年中使っているソファもマンネリにならず新鮮なエリアを演出できるそう。とはいえ、単なるテーブルでは、収納力もないし、ただ物を積んでおしまい。

デザイン性と収納力、両方をかなえるインテリアを選ぶと、うまくお部屋になじみます。新生活での出会いや新しいお付き合いも始まる春。サイドテーブル下のラックを雑誌や新聞置きに活用したり、ブック型の収納ボックスに生活感漂うものを目隠ししたり、このセットならお客様をおもてなしする場合も焦ったりしません」。

DSC08112a

商品情報

フランフラン「ディーレ サイドテーブル イエロー」(8,424円)

1日のうちで一番長く過ごすリビング。お気に入りの空間をいつまでも新鮮に保つためにも、この春、模様替えにチャレンジしてみませんか?

取材協力:中山真由美さん , Francfranc

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-28 15:20:16

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!