カビやヌメリを取る漂白剤の効果的な使い方[お風呂編]

Bathtub in bathroom

 

家の中でもっとも見たくない汚れといえば、お風呂のカビやヌメリです。お風呂用洗剤で掃除をしてもキレイに落とせないし、放置状態でした。しかし、このままではいけない!と一念発起。カビやぬめりを一掃すべく、お助けアイテムを入手しました。

カビにスプレーして、5分放置するだけ!

年末の大掃除でお風呂場担当だったにもかかわらず、途中で諦めたカビ退治。タイルの目地、ドアのゴムパッキン、風呂ふたなど、繁殖範囲が広すぎてお手上げでした…。

そこで今回入手したのが「強力カビハイター」。スプレーするだけでカビを退治できるというのです。

使い方はとてもカンタン。 まずは、こすってもこすってもカビの黒ずみを落とせなかった、ドアのゴムパッキンにスプレー。

 

IMG_0977a

「強力カビハイター」を使うときは、換気をしっかり行うことが大切。換気扇を回してから掃除を開始してください。

「強力カビハイター」を使用する際は、薬剤が飛散する恐れがあるため、炊事用の手袋、メガネ、マスクなどを着用すること。

5分後にシャワーで洗い流すと、こびりついていたカビが浮き上がって流れていきました!

 

IMG_0996a

カビの上を汚れが覆っていると効果が出にくくなるのでお掃除の後、乾かした状態で使うと効果的。

泡がとどまりにくい場所や、ガンコな汚れには〈湿布法〉が効果的

続いて、カビで黒ずんだタイルの目地にも「強力カビハイター」をスプレー。

壁のタイルなど、泡がとどまりにくい場所には、湿らせたティッシュペーパーを貼りつけた上からスプレーすると、洗剤の成分がしっかり浸透して効果的に汚れを落とすことができます。

IMG_0984a

5分ほど放置したあとは、キレイなティッシュなどで泡を拭き取り、水で流すか濡らした雑巾で拭きましょう。

排水口のヌメリも、放置するだけでキレイに

そして、こちらも気づかぬふりをしていた排水口のヌメリを落としていきます。使うのは「パイプハイター」です。 排水口の目皿やトラップにたまったゴミを取ったら、「パイプハイター」を直接注ぐだけでOK。

IMG_0995a

こすらずに15〜30分ほど放置して、水で流します。 なんと、これだけの作業で、見るのもイヤだったヌメリがキレイさっぱりなくなりました。

キャップで計量しないこと。

飛沫が飛ぶことがあるので、ブラシ等は使用しないこと。

塩素系の排水パイプ用洗浄剤など”まぜるな危険”表示のあるものは、必ず単独でお使いください。

体をキレイにする場所なのに、汚れていたわが家のお風呂場。2つのアイテムを使った簡単掃除で、あっとういう間にピカピカになりました。お風呂タイムがぐんと快適に楽しくなりそうです♪

商品情報

密着成分配合で、きめ細かい泡が垂直面のカビにもとどまって効きます。壁、棚の下側のゴムパッキンやシャワーホースなど、いままで落としにくかった場所のカビもしっかり落とす浴室用カビとり剤(塩素系)

強力カビハイター

高粘度ジェルがピタッと密着して、ヌメリ・髪の毛を溶かすから、パイプ臭まで根本解決。99.99%強力除菌*でき、つまりの解消にも使える排水パイプ用洗浄剤(塩素系)

パイプハイター 高粘度ジェル

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-28 11:27:03

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!