白くするだけじゃない!除菌&消臭する漂白剤の使い方[キッチン編]

泡ハイター01b

 

油断しているとすぐに現れる、排水口やゴミ受けのヌメヌメやニオイ。見るだけで家事のモチベーションが下がります。そんなお悩みを解消してくれるのが、「キッチン泡ハイター」と「キッチンハイター」。これらのアイテムは漂白に使うイメージが強いのですが、それだけではないんです。実は、除菌&消臭にも使えるのだとか。今回は、これらを使ったキッチンのお掃除術を紹介します。

すばやく除菌・漂白・消臭ができるスプレータイプ

イヤなヌメヌメの正体は、汚れを栄養にして繁殖した細菌と、細菌が出した分泌物。できれば直接触れずにキレイに掃除したいですよね。
nakajima01a

そんなときは、手軽に使える「キッチン泡ハイター」が大活躍。

気になる部分をスプレーで狙い撃ちできるので、複雑な形状のゴミ受けや手が届きにくい排水口の細部の汚れにもぴったり。

泡ハイター01a

気になる部分にスプレーして約30秒おくだけで除菌・消臭が完了。

約5分置けば漂白やヌメリも除去できます。

スプレーしたあとは、30秒以上洗い流すと、こんなにスッキリ!

nakajima02a

「キッチン泡ハイター」を使う際には、必ずメガネと手袋を着用し、必ず換気をしましょう。

液が触れたシンクなども水で十分に洗い流しましょう。

さらに「キッチン泡ハイター」は、まな板などの除菌・漂白にも使えるのだとか。

わが家では、プラスティックのまな板を使用しているため、包丁でつけたまな板のキズに入り込んだ汚れが台所洗剤だけでは落ちず、気になっていました。

ここには菌が潜んでいるのだとか…。
その上で食材を切っていたことを考えると恐ろしいです。

nakajima05a

さっそく、「キッチン泡ハイター」でスプレー。

泡ハイター02a

5分置いて水で流せば、新品のような白さに。

nakajima08a

除菌もしっかりできるから、これで料理するときも安心ですね。

菌を塗り広げているだけ!?ふきんは1日の終わりにつけ置き除菌を

料理の最後には、キッチンの作業台をふきんで水拭きしてお掃除完了!という人も多いのでは?実はコレ、台ふきんについた雑菌を塗り広げているだけなんです。

濡れたまま放置した台ふきんには、大腸菌群、黄色ブドウ球菌といった菌が増殖しています。

水洗いだけでは菌はなくならないので、濡れた台ふきんを使うと、キッチンのいろいろな場所に菌を塗り広げてしまうことになります。

台ふきんや食器用スポンジは、1日の終わりに「キッチンハイター」を使って除菌する習慣をつけましょう。

使い方は簡単。5Lの水に30ml(キャップ約1杯強)のキッチンハイターを入れた薄め液に約2分つけ置きすれば除菌完了。

ハイター再01a

気になるニオイもすっきり。これなら毎日できそうですね。

約30分浸せば、ふきんの漂白もできます。

酸性タイプの製品・食品(酢など)・アルコール類と一緒に使うと有害な塩素が出て危険。

「キッチンハイター」と言えば、ふきんの汚れが気になったとき、たまに漂白をするために使う程度でした。「除菌」「消臭」にも積極的にハイターシリーズを使いこなして、キッチンの気になる菌を丸ごと撃退したいと思います!

商品情報

まな板、排水口ゴミ受け、スポンジなど台所用品の除菌・漂白・消臭に。気がついた時に手軽に使える、スプレータイプの台所用漂白剤(塩素系)

キッチン泡ハイター

つけ置きで、すみずみまで除菌・漂白・消臭ができる台所用漂白剤(塩素系)

キッチンハイター

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-30 08:17:45

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!