[スタイリスト亀恭子さんに聞く]旬アイテムを使ったコーディネートと香りのスタイリング

_X1X2687_01b

 

パーティシーンも多くなる春の新生活。今春の旬アイテム「ロングシャツ」と「オフショルダートップス」を使ったコーディネートとスタイリング、さらに大人女性のオンとオフに合わせた着こなしについて、人気スタイリスト亀恭子さんに聞きました。

オンとオフ、各シーンに旬アイテムを取り入れてより新鮮に

亀さんが提案する今年らしい着こなしとは?「昨年から引き続き人気のホワイトTシャツ&デニムのカジュアルなスタイルに、『ロングシャツ』を取り入れるだけで、グッと今年らしくなります。いままでは全部ボタンを閉めてワンピースのような着方をしていた『ロングシャツ』を、今年はボタンを全部開けてガウンっぽく着るのが新しい!足元には、差し色にピンクのパンプスを取り入れて、遊びを加えてみました」。

shirt-3a

 そして、今春のパーティシーンにおすすめのアイテムは、デコルテラインが女性らしい「オフショルダートップス」。このトップスをボリュームのあるボトムと合わせてカッコよく着るのが今年流なのだそう。

off-1a

モスグリーンやレンガ色のようなブラウンなどの『オーガーニックカラー』をあえて春に着ると、グンと新鮮になりますよ。注目のレースアップシューズなどドレス感のある小物を合わせたり、ゴールドを挿してリッチ感をプラスするとシックな着こなしになります」。

女性像を語るときには欠かせないのが「香り」

日常的に香水やボディクリームなど、いろいろな香りのアイテムをシーンによって使い分けているという亀さん。

「スタイリストという職業柄、編集者とスタイリングを決める際に、洋服のディテールだけでなく、それを着る女性のイメージを伝えられることがあります。以前『いい香りのしそうな女性が着る服』をスタイリングして欲しいと言われたことがあって、そのときに香りは女性像を表し、魅力のひとつになるんだなって再認識しました」と亀さん。

そんな彼女に、2016年春、花王から発売するプレミアム柔軟剤「フレアフレグランス IROKA」の香りを体感してもらいました。

香りは、カジュアルにみせたい日の「Airy(イノセントリリーの香り)」、ドレスアップしたい日の「Dress(アリュールローズの香り)」の2種類。

_X1X2750_01a

 

「服のイメージに合う女性像を考えるときには、その女性が好きそうなエリアやショップなど、ライフスタイルを考えるようにしています。

たとえば、フレッシュだけど甘い香りのする『Airy』をまとう女性は、清潔感があり女子力も高めな感じ。出没エリアは、代官山あたりかな。自転車も好きで、時間があるときは中目黒まで足を延ばして、ビンテージショップやコーヒーショップを巡っているような。アクティブに外の時間を楽しんでいるイメージですね。

『Dress』の香りをまとう女性は、華やかな大人の場所が似合いそう。そのなかに今っぽさ、抜け感もあるので、出没エリアは丸ノ内、銀座がしっくりきます。シーン的には彼とディナーの約束があるとき、夜じゃなくても落ち着いたエリアでショップクルーズをするとか、ゆっくりとひとつのエリアを楽しんでいる感じですね」と、亀さん流に香りの印象を伝えてくれました。

「今回のスタイリングだと、Airyが『ロングシャツ』、Dressが『オフショルダートップス』のスタイル。着る洋服にまとう香りも、スタイリングの一部。さらにコーディネートやシーン、気分に合わせて香りを使い分けるのも、今どきの女性という気がします」。

「何を着るか」だけでなく「どんな香りをまとうか」というところにまで気を遣えると、より魅力的な女性像に近づけるのかもしれません。

大人の女子力アップに欠かせない、香りの演出を。

おすすめ商品のご購入はこちら
  • amazon
  • 楽天24
  • ケンコーコム
  • LOHACO
  • 爽快ドラッグ

取材協力:亀 恭子さん

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-24 14:17:04

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!