色あせ&ダメージを防ぐ!ジーパンの洗濯方法

Jeans

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

カジュアル・ファッションの代表的存在であるジーパンは、今年も大流行。汚れても気軽に洗え、何度でも繰り返し履ける点が大きな魅力ですが、過去、あまりに適当に洗濯をしたため、不本意な色落ちをまねいてダメにしたことも…。 この春、ちょっとお気に入りのジーパンを購入したので、今度こそ長く良い状態で履き続けられるよう、ジーパンの洗濯機での正しい洗い方をおさらいしてみました。

洗濯機で洗えるジーパンかをチェックしよう

洗濯をする前に、まずはジーパンについている「取扱い絵表示」をチェック。「洗濯機マーク」sentakuki(新表示は)、または️「手洗いマーク」tearai2(新表示は)があれば、そのジーンズは自宅の洗濯機での洗濯ができます。

なおtearai2(新表示は)は基本的に手洗いをオススメした絵表示ですが、最近の洗濯機なら、洗濯ネットに入れて「手洗いコース」、または「ドライコース」で洗うことができます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

「単体&裏返し洗い」で色落ちを避けよう

ジーパンを自宅の洗濯機で洗う場合、もっとも気をつけたいのが「色落ち」と、ほかの衣類への「色移り」。この失敗、経験した人はけっこう多いのでは?

洗濯機内でジーパンの表面がこすれ、白っぽくなるのを避けるために、ジーパンは毎回裏返しにして洗います。

型くずれを防ぐためにボタンやファスナーは閉じましょう。

ほかの衣類への色移りを避けるために、ジーパンは単体で洗いましょう。

コース選択をして、やさしく洗おう

裏返したジーンズを洗濯機に入れたら、あとはそこに「エマール」を入れ、「ドライコース」に設定してスタートボタンを押すだけ。

「ドライコース」の呼び名は「手洗いモード」など、洗濯機の機種、メーカーによって異なりますが、どれも生地の表面に負担をかけず、ジーパンをやさしく洗うことができます。

洗濯が終わったら、すぐにジーパンを取り出し、表面を手で軽く叩いてシワを伸ばします。干す際に、ジーパンの色が濃い場合は日焼けによる色あせを防ぐために陰干しにしましょう。

裏返しの状態でピンチハンガーなどに筒状に干すと、ジーパンが早く乾きます。

僕は今まで、ジーパンを洗う時はいつもほかの衣類と一緒。洗濯機のコースを変えることはおろか、ジーパンを裏返しにさえしていませんでした。もしかしたらこれ、「気楽に着られる」というジーパンの特長にあぐらをかいた、失礼な態度だったのかも…。

今回ご紹介したこの方法なら、たしかに洗濯によるジーパンの痛みを軽減し、より長く、履くことができると思います。週末の大切なパートナーであるジーパン、洗濯機で手軽に洗えるのだから、ちょっとの手間を惜しまず、長く履いていきたいですね!

商品情報

色あせ・型くずれを防いで、ニオイ・汚れをしっかり落とすおしゃれ着用中性洗剤

エマール リフレッシュグリーンの香り

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-25 22:39:14

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!