約1万本の傘を扱う店「クール・マジック・シューズ」に聞く、雨で汚れた傘のケア

Group of people under umbrellas in rain

雨に濡れるたびに、泥やホコリなどで意外と汚れている傘。約1万本の傘を扱うショップ「クール・マジック・シューズ」の米澤さんに、キレイに傘を保つためのお手入れ方法を聞きました。

傘のデイリーケア

傘の表面にはフッ素樹脂による撥水加工がしてあります。濡れた状態で表面をゴシゴシ拭くと、撥水加工がとれてしまうことがあるので、使ったあとは広げて干して乾燥させましょう。

乾いたら日光のあたらない場所に保管します。これは紫外線にあたると撥水加工をはじめ、傘全体が劣化するためです。

車の中など高温の場所での乾燥も、傘に悪影響なので避けましょう。

汚れた傘の洗い方

傘が汚れてしまった場合は、中性洗剤を薄めた液をスポンジかやわらかい布に浸してやさしく拭き洗いします。

表面にフッ素樹脂で撥水加工がしてあるので、強くこすりすぎないように注意しましょう。

その後、水で洗剤を十分に洗い流します。

洗った後の傘の干し方、その後のケア

洗った傘は、陰干しで乾燥させます。乾いたらドライヤーの熱風を当てることで、撥水効果が復活します。

アイロンをかけるときは裏側からかけましょう。

濡れた傘は拭いた方がいいと思っていたのですが、乾くまで触らない方がいいんですね!なおハンドクリームや日焼け止めなども、傘の撥水加工に悪影響だそうです。ついたらすぐに洗いたいと思います。

取材協力:クール・マジック・シューズ

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-21 01:32:30

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!