生地の撥水加工と防水加工の違いとは?

waterproof technology for mountain clothes

 地域によってはそろそろ梅雨入り。レイングッズをそろえようとデパートなどの売場に行くと、「防水」「撥水」の2つの表記があって、どちらを選べばいいのか迷ってしまいます。そこで、撥水加工と防水加工はどう違うのか、「東京都クリーニング生活衛生同業組合」に聞きました。

撥水加工と防水加工の違い

一言で言えば、撥水加工は水をはじく加工のこと、防水加工は水滴を通さないようにした加工のこと。水を防ぐ力は、防水加工の方が強力になります。

撥水加工:布地の表面をシリコンやフッ素系撥水剤でコーティングし、繊維を水に濡れづらくして、水を玉状にしてはじく加工です。

繊維をコーティングしても布地のすきまは塞がれないので、空気や蒸気は布の外に排出されます。したがって、蒸れづらいというメリットがあります。

霧雨のように水滴が小さい場合や強い雨は、布地の中まで浸透してしまうことも。完全に水をはじくことはできません。

防水加工:素材そのものが塩化ビニルや合成ゴムで出来ていたり、生地の隙間を埋めるようにパラフィンなどを塗る加工を指します。

水の漏れや浸透を完全に防ぎ、強い雨でも水を通しません。 けれども、隙間がない分、空気や水蒸気を通さないので蒸れやすいという弱点はあります。

クリーニングに出してもいいの?

「クリーニングに出したら、水をはじかなくなった」と感じる人もいるかもしれません。 撥水加工したものをドライクリーニングや水洗いすると、撥水性が低下してしまうことがあります。

その理由は、洗剤に含まれる界面活性剤が、表面張力を下げるから。表面張力が下がると繊維の中に水が入りやすくなるので、生地が濡れやすくなります。

効果をキープしたいなら、クリーニングの撥水加工サービスを利用するのをオススメします。

どんなものに撥水・防水加工がされているのか?

ところで、撥水加工と防水加工は、それぞれどのような製品に施されているものなのでしょうか。

撥水加工:コート、ダウン、スキー・スノボウェア、レインウェア、ネクタイ、晴雨兼用の日傘など。

防水加工:雨傘、レインウェア、レインシューズ、登山用リュックサック、テントなど。

レインウェアでも必ず防水加工されているわけではないので、買う時に注意しましょう。

最近は耐水圧が表示されている製品もあり、数値が高ければ高いほど、激しい水圧に耐えられるという目安になります。

なお、クリーニング店の撥水加工サービスは、市販の撥水スプレーよりも効果はあるそうです。お気に入りの服に撥水加工をすれば、汚れもつきづらくなり、長持ちするかもしれません。

取材協力:東京都クリーニング生活衛生同業組合

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-25 22:34:17

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!