自分でできる、雨で濡れたスーツのベストなお手入れ法

DSC06983b

外出先でまさかの雨に降られ、スーツが濡れてしまった。そんな経験、社会人なら誰しもあるはず。僕も取材の帰り、突然の雨で一着しかないスーツがずぶ濡れに。翌日もあった取材になんだかイヤなニオイのそのスーツを着ていった苦い思い出が…。 雨でスーツが濡れても、すぐにはクリーニングに出せないこともあると思います。そこで今回は自分でできる、濡れてしまったスーツのお手入れ法についてご紹介します。

まずは乾いたタオルで水気をとろう

外出先で濡れてしまったスーツのお手入れ法として、NGなのは「何もせず、乾くのを待ってしまう」こと。そのままにしておくと、ニオイが発生してしまうこともあります。

DSC06978a

とはいえ、外出先でケアするのは難しいので、スーツが濡れてしまったら、とりあえずは乾いたタオルで、軽く押さえるようにして水気をとります。もっとも濡れやすいスラックスのすそ部分は、とくに念入りに!

風通しの良い場所に干す

そして帰宅後、スーツを脱ぎ、それをそのままクローゼットにしまうのは厳禁!

クローゼットのような密閉された場所に濡れたスーツを入れると、スーツはもちろん、クローゼットにカビが発生する原因になる場合があります。

濡れたスーツをほかの衣類の間に押しこむことで、ほかの衣類の表面にシワができる場合もあります。

スーツを脱いだら、まずはそれをハンガーにかけ、できるだけ風通しの良い場所に吊るすのがベター。「もう濡れていない」と思っても、意外とスーツの生地に水分が残っていることがあります。

DSC06987a

クローゼットにしまう前に、まずはしっかり乾燥させましょう。

スーツはまた、直射日光に長時間当てると変色することがあるので、干す際は基本的に陰干し。外に干さず、室内の通気性の良い場所を選んで干しましょう。

しみついたニオイが気になる場合は…?

クリーニングに出さず、自宅で干した場合、スーツについた汗やタバコなどのニオイが気になる人も少なくないはず。そんな時にはスーツをハンガーにかけ、10〜20cm離れた場所から「リセッシュ抗菌EX Plus デオドラントパワー」をスプレー。全体を軽く湿る程度にスプレーして干します。

DSC06959a

「リセッシュ抗菌EX Plus デオドラントパワー」を初めて使うときには、スーツ全体にスプレーする前に、目立たない場所で、シミや色落ちしないかを試してから使いましょう。

スプレーするだけで、雨で濡れたスーツを除菌し、しみついたニオイも気にならなくなります!僕も雨で濡れたあと、自分のスーツにこのやり方を試してみましたが、たしかに乾いたあとのあのイヤなモワッとしたニオイはなく、翌日も気持ちよく着られました。

濡れたスーツのお手入れ法として、ベストなのはクリーニング屋さんにもっていくこと。だけど雨が頻繁に降るこれからの時期、なかなかそれもできないのが実状。 ならば正しい知識を身につけ、それを実践することで、自分の仕事の大切な相棒であるスーツを守っていきたいですね! 

商品情報

男の体臭・タバコ・焼肉などの手強いニオイを撃破。しみついた汗など99.9%除菌(※)&消臭する衣類・布・空間用消臭剤。香りのこらないタイプ
※すべての菌を除菌するわけではありません。布上での効果。

リセッシュ除菌EX Plus デオドラントパワー 香り残らない

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-26 21:20:02

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!