スポンジが使えないところも洗える!水筒の洗い方

キュキュット再1b

保育園の行事や週末のお出かけに必ず使用する水筒。子どもが使うものだから、内側の汚れをキレイに落としたいのですが、スポンジが届きづらく、汚れが残ってしまっているのではないかと不安に思っていました。しかし、そんな水筒洗いにぴったりの食器洗い洗剤を見つけたので、さっそく試してみました。

水筒洗いには、スプレータイプの食器洗い洗剤が◎

その洗剤とは、「キュキュット CLEAR 泡スプレー」。人気の食器洗い洗剤「キュキュット」のスプレータイプです。 届きにくい汚れに、シュシュっとスプレーするだけで落とすという、なんともお手軽で、忙しい主婦にはぴったりのアイテム。

キュキュット再3a

使用後の水筒は、少しくすんでいるように見え、ニオイも気になります。

 「キュキュット」にはクエン酸が配合されているので、汚れを分解して、着色汚れまでスッキリ落としてくれます。 茶渋には、菌がいることも多いそうで、要注意ですよ。

付属品はすべてはずしてから洗う

スポンジの届きにくい水筒を洗うのは面倒なので、つい水洗いで済ませたくなりますが、しっかり汚れを洗い落とす、食器洗い用洗剤で洗いましょう。

洗うときは、ひもやカバー、キャップ、コップなど、はずせる部分はすべてはずします。

suito3

洗い方は、とってもかんたん。水筒の内側に「キュキュット CLEAR泡スプレー」直接スプレーするだけ。

キュキュット再2a

水筒の中を見てみると、泡が底までしっかり行き渡っているのがわかります。

本体のほか、付属品のコップやキャップなど、洗えるものはすべてシュシュッとスプレーします。

キュキュット再1a

その後はすすぐだけ。あっという間に泡が消えて、すっきり洗えました。

suito_ba

スポンジが届きにくい汚れまで落とすという洗剤ですが、たしかにこすらずにキレイに落ちました。

劣化や故障の原因になることがあるので、食洗機や食器乾燥機の使用は控えましょう。

中までしっかり乾かすのがポイント

洗った後は、水気を拭き取って、中までよく乾燥させましょう。 しっかり乾燥させることがポイント。乾きやすい場所で自然乾燥させましょう。

suito7

乾いた水筒を見てみると…、ニオイもなく、とてもキレイになっています!

suito8

ニオイや茶渋が気になっても、つけ置きは控えた方がベター。 詳しくは、製品の取扱説明書を確認しましょう。

これまで水筒洗いは何かと面倒でしたが、スプレーするだけだから、時間も手間もかからず本当にラクでした。水筒は、使うたびに洗って、しっかり乾燥させる。これさえ守っていれば、カンタンにキレイをキープできます。そして、こまめにお手入れすれば、子どもがお気に入りの水筒を長く使えるので、これからもきちんとお手入れしていきたいと思います。

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-18 13:59:25

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!