布団などダニの発生しやすい場所、その条件とは?

young woman scratching her neck

ダニは刺されて不快な思いをするだけでなく、フンや死骸がアレルギー疾患を悪化させたり発症リスクを高めるのだとか。ダニを駆除するためには、まずはダニが発生する条件と発生しやすい場所を知っておかなくては!ということで、東京都福祉保健局健康安全部の阿部圭美さんに聞きました。

高温多湿はダニにとって快適環境。大繁殖を始めます

ダニは温度20~30度、湿度60~80%で、エサ(髪の毛、フケ、食べこぼし、ホコリなど)があり、もぐりこんで卵を産める場所があれば繁殖するのだとか。

「特に温度25~28度、湿度70~80%の高温多湿な室内環境はダニを大量に発生させます」と阿部さん。梅雨時~夏場はまさにこの条件にぴったり当てはまってしまうんです!

室内に発生するダニには、皮膚を刺すツメダニやアレルギー疾患の原因になるヒョウダニなどがいます。

最近の住宅は気密性が高いので、室内の湿度が高くなりやすく、ダニが住みやすい環境を作ってしまいがち。水分をたくさん含んだ雑巾での拭き掃除、加湿器の過剰使用などは、さらに室内の湿度を上げることになり、ダニの大繁殖につながるのでNG。

掃除をさぼり、床などにフケやホコリなどが放置されていると、ダニの数はどんどん増えていきます。

温度・湿度が高くエサも豊富な布団はダニが大好きな場所

高温多湿でダニが安心して卵を産卵できる場所の代表格が布団です」と阿部さん。布団の中はほかの場所より温度が高めだし、人が寝ている間に出す汗を吸って湿度が上昇します。さらに、枕には頭皮の皮脂などダニのエサも豊富。

う~ん、布団はダニにとってまさにパラダイスですね。

カーペットや畳などにもダニは安心してもぐりこみます

「布団のほかにも、カーペット、畳、押し入れの中、ぬいぐるみ、布製ソファーなど要注意な場所はいろいろあります」。ダニが隠れて卵を産むのにうってつけの場所なんだとか。

畳の上にカーペットを敷くのは最悪。畳だけ、カーペットだけよりも温度・湿度が高く、換気も悪くなるので、一層ダニが繁殖しやすくなりますよ」。

カーペットの中でもウールカーペットや混紡のカーペットは吸水性に優れているので、湿気がこもりやすく、ダニが住みやすい場所です。

気温の上昇とともに湿度も上がってくる日本の夏は、ダニが繁殖する条件がそろっているんですね。家の中でも特に高温多湿になりやすい場所が要注意だということがわかったので、早速、わが家のダニ発生ポイントを確認してみようと思います。

取材協力:東京都福祉保健局健康安全部

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-21 01:35:04

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!