[収納の巣に聞く]クローゼットの収納アイデア

PH5aaab

季節が変わったり、流行のアイテムが登場するとついつい欲しくなってしまう洋服ですが、クローゼットにも限界があります。あちこちにしまうと、どんな服を持っているのかを忘れて、同じような服を買ってしまうという事態にも…。「収納の巣」浜口恵子さんにクローゼットの収納アイデアについて聞きました。

自分の理想のクローゼットをイメージする

 「収納スペースで、いちばん多いお悩みはクローゼット。だからこそ、クローゼットをキレイに片付ければ、気持ちもスッキリしテンションも上がります。そのためにはまず、自分の理想のクローゼットを思い浮かべましょう。

たとえば〈毎朝10分でコーディネートしたい〉、〈身支度が一箇所で済むようにしたい〉など、どのように使いたいかを考えるのです」と浜口さんは話します。

洋服と向き合い、分類して、自分にとっての適量をチェック

 「理想のクローゼットをイメージしたら、今持っているすべての服と向き合い、分類していきましょう。分類するときは、例えば〈好き〉〈便利〉〈迷う〉〈手放す〉などに分けていきます。(写真下のように)色分けしてみると、わかりやすいですね。

SONY DSC

迷うものなどは再度向き合うタイミングを決めるなどして、一旦、別の場所へ仮置きします」(浜口さん)。

クローゼットサイズを確認し、収納用品を取り入れながら整理整頓

 「クローゼットには、基本的に〈着る〉と決めたものを、できるだけ一覧しやすいように収納していきます。

SONY DSC

クローゼットをうまく使うコツとしては、レイアウトを自由に考えてみること。そして、いちばんアクセスしやすい場所に、いちばん使うものを収納します。

PH6a

また一時置きスペースを作っておくことも大切。

SONY DSC

それぞれの洋服の定量を意識しておきます。たとえばハンガーの数を決めてこれ以上増やさないようにするのもひとつの手。

シーズンオフのものはホコリがつかないようカバーなどをかけておくと出番が来たときにさっと着られて便利です」(浜口さん)。

カバー類は定位置、定量をキープするのにも役立ちますし、使わないものを視界から消すことによって、”今”選びたいものを選びやすくします。

洋服が整理整頓されていれば毎日の服選びも早くなるし、ラクになりますね。最初は、大変そうですが、ぜひ実践したいテクニックですね。

取材協力:収納の巣

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-21 01:25:54

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!