2016年クールビズのトレンドは?[男性編]

クールビズ男性b

 

いよいよクールビズのシーズン。ラクチンなのはいいけれど、ノーネクタイだとコーディネートが決まらなかったり、自分らしいオシャレが楽しめなかったりと、この時期ならではの悩みも。そこで今回は、「THE SUIT COMPANY」プレスの田島唯さんに、クールビズについて、いろいろ聞きました。

買い足すなら「ジャージーシャツ」と「7分袖」

猛暑日が例年より少なかった昨年は、長袖シャツを着用される方も多かったとのこと。その流れを受けて、今年流行っているのが、7分袖のシャツ。 クールビズ男性017分袖のシャツは、袖をまくることを前提としたデザインのため、袖をまくったときの腕の納まりもキレイですよ」 (田島さん) 。また、スポーツウエアで使用されるような吸汗速乾から、タッチが涼しく感じる接触冷感など涼しさが体感できる素材も、引き続き注目されているとのこと。 クールビズ男性02 「中でも、従来の吸汗速乾素材をベースに、天然素材のリネンを使用した『ジャージーシャツ』は今年のオススメ。リネンの素材感を、ビジネスシーンに使えてしまうのがこのアイテムの魅力です」(田島さん)。 

クールビズアイテム、選ぶ時のポイントは襟の形と色

シャツは襟の形で楽しんで。襟とひと口に言っても、ボタンダウンからワイドまでさまざまなデザインがあります。雰囲気を大きく左右するので、普段とは異なるタイプの襟に挑戦しても。

また、色は白~サックスなどの淡い色がビジネスにも違和感なく着用できます。「大人っぽく引き締め効果を狙いたいなら、あえてネイビーやブラックなどの濃い色もオススメです」(田島さん)。

インナー選びは特にこだわって クールビズをかっこよく着こなすために、汗のケアは欠かせません。シャツの下にはインナーを着用。吸汗速乾や、接触冷感などの機能性素材を使用したインナーも試してみる価値あり。 クールビズ男性03

インナー選びのポイントは、「ノータイに合わせてVネックデザインがビジネスシーンで役立ちます。シャツが白色ならばインナーが響かないベージュ色がオススメです」(田島さん)。

気になる!コーディネートとお手入れ

ジャケットやネクタイが簡易着用となる時期。メインはシャツとパンツだけとなり、コーディネートも単調になりがちですが「パンツをウィンドウペーンチェック(写真下)にするなど、さりげない柄を使ってポイントにする方も増えてきました」と田島さん。 クールビズ男性04 前述の、シャツの色や襟の形で遊ぶのも、クールビズの楽しみですね。

さらにクールビズの時期は、汗汚れが多くなります。「1週間にまとめて洗濯するのではなく、 着用してその都度、洗濯をすることで、汚れも残りにくく清潔を保てます」と田島さん。放置すると、襟汚れが定着することも。ためずにこまめに洗うことで、服も長持ちしますよ。

単調になりがちなクールビズの着こなしも、素材やディテール、色に注目すればもっともっと楽しめるのですね。また、インナー選びやこまめな洗濯がこの時期の快適さを左右することも、再確認できました。

取材協力:THE SUIT COMPANY

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-22 15:42:24

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!