〈お手伝いチャレンジ1〉クイックルワイパーがあれば、簡単・キレイにお手伝い【リビングのお掃除編】

0705_1

 

太田さんの息子さんのつばさくんは、現在小学2年生。「妹2人はお手伝いに興味津々なのですが、つばさくんはそれほど興味がないようす。やり始めてもすぐに飽きてしまいます。でも、夏休みという時間のあるタイミングで、つばさくんにもお手伝いを習慣化させたい!」という太田さん。先輩ママから「『お掃除=楽しいもの』というイメージを与えることが大事」と聞いたので、さっそくそれを意識して、リビングのお掃除を実践してもらいました!

座談会のようすはこちら 
【座談会・前編】先輩ママの工夫に脱帽!イヤイヤやっていたお手伝いを、子どもが楽しく始められる方法
【座談会・後編】「自分でできる」で自信をつける!お手伝いがやりやすくなる工夫が大事

DSC_8628

チャレンジしてくれたのは…太田さん&つばさくん(小学2年生)

まずはお掃除道具の見直しから

これまでもお手伝いをお願いしたことはありました。たとえば、掃除機。でも、まだ掃除機はつばさくんには重すぎて、扱いにくかったようです。床に置いてあったあやとりの糸を吸い込んでしまい、妹たちにが悲しむ姿を見てからは、掃除に乗り気になれなかったようです。

今回の座談会で、「子どもでも簡単に扱える掃除道具があれば楽しく掃除ができる」、そして「クイックルワイパーの柄の長さが変えられる」、という先輩ママのアドバイスを得て、さっそく実践してみた太田さん。

まずは、クイックルワイパーの長さをつばさくんの身長に合わせて調節。(身長130cmのつばさくんの場合、柄の本数は2本がぴったりでした!)つばさくんに持ってもらうと、いい感じ!掃除機より軽いし、柄を短くすることで安定感が出ました。これなら気軽にお手伝いができそう。ちなみに、柄の部分にあるボタンを押して引き抜けば、簡単に分解でき、クイックルワイパーの長さを変えることができますよ。

DSC_8531

DSC_8536-2

自分専用のクイックルワイパーを持って、やる気が湧いたつばさくん。楽しそうにリビングの床を掃除していました。

 

DSC_8514

しかし、しばらくすると飽きてきたのか、妹たちと遊び始めたつばさくん。そんなつばさくんに、ママが「ここもやってみようか」と提案。ホコリがたまりやすい部屋の隅やカーテンの裏側など、掃除のポイントを教えることで、どこをどう掃除すればいいかがわかってきたようです。そんなママのサポートによって、床掃除が完了。

つばさくんが掃除をしてくれたことを、感謝したり、上手にできたことを言葉にしたママ。ママにたくさん褒められたことで、つばさくんは「今度は妹たちにも教えてあげよう」とノリノリでした。

褒めるだけでなく、先輩ママに聞いた「お手伝いカード」も実践してみました。お手伝いカードというのは、お手伝いをする度に、カードにお気に入りのシールを貼っていけるというもの。お手伝いが終わったあと、さっそく「上手にできたから、お手伝いカードにシールを貼ろうね~」とママ。乗り物が大好きなつばさくんは飛行機のシールを選んで、とても喜んでいました。ママの手作りのお手伝いカードもうれしかったようですね!座談会では、シールがたまると些細なご褒美を用意しているというママもいましたよ。子どものモチベーションをアップすることがお手伝いを継続させるきっかけになるようですね。

 

DSC_8575

クイックルワイパーを置く場所にも工夫を

お掃除が終わり、これからもつばさくんに気軽にお手伝いをしてもらうために、ママがクイックルワイパーの収納場所を考えてくれました。

その結果、つばさくん専用のクイックルワイパーは、子ども部屋のクローゼットにしまうことに。これなら、つばさくんが思いたったときにすぐ、進んで掃除ができそうですね。つばさくんも、「これで自分の部屋もピカピカだ!」と誇らしげでした!

DSC_8603

後日、ママに「あれからつばさくんのようすはどうですか?」と聞いてみると、たくさんのシールが貼られたお手伝いカードの写真が送られてきました。

DSC_8644

自分専用のお掃除道具が子ども部屋にあることがうれしいようで、部屋が汚れていないときでも、クイックルワイパーを使って掃除をしているみたいです。リビングだけでなく、子ども部屋やパパとママの寝室など、フローリングは全部つばさくんが掃除してくれているとのことでした!

DSC_8627

まとめ

■背丈に合わせて子ども用の掃除道具を用意する

■子どものモチベーションをアップするためにシール帳やスタンプカードを作って、子どもの好きなシールを貼っていく

■子どもの手の届くところに収納場所を作って、いつでも子どもが取り出せるようにする

 次のチャレンジはこちら!
〈お手伝いチャレンジ2〉お気に入りの掃除道具ならお手伝いがもっと楽しい!【子ども部屋のお掃除編】

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-22 18:19:27

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!