夏に増える子どもの伝染病「プール熱」とは?

Hispanic mother checking daughter's temperature

プールで感染することから、別名「プール熱」と呼ばれる咽頭結膜熱。子どもを中心に6月頃から感染が増え始め、7〜8月にピークを迎える夏の感染症として知られています。 プール熱の感染ルートや効果的な予防法について、「ユアクリニックお茶の水」院長の杉原 桂先生に聞きました。

主な症状は「発熱」「のどの痛み」「結膜の炎症」

プール熱は、発熱、咽頭炎、眼症状が主に見られる急性ウイルス性感染症です。数種類の血清型のアデノウイルスに感染することで起きます。学童期の感染が多く、5歳以下が約6 割を占めます。

発熱から始まり、頭痛、食欲不振、全身の倦怠感。それに加え、咽頭炎による咽頭痛、結膜炎にともなう結膜充血などが起き、3~5日間程度続くのが特徴です。

眼の症状は一般的に片方から始まり、やがてもう片方に現れます。結膜の炎症は下まぶたが強く、上まぶたは弱いとされています。

あごや首の後ろのリンパ節の腫れと、押されるような痛みが出ることもあります。

プールでの感染も。タオルの共用は避けて

管理が不十分なプールの水を介して感染することもあります。その場合は、汚染された水が結膜へ直接侵入することで起きます。潜伏期は5~7日です。しっかり塩素消毒されたプールなら安心していいでしょう。

プールで一気に感染が広がったケースでは、「タオルの共用が感染リスクを高めた」との報告もあります。

通常の感染ルートは、飛沫感染や手指を介した接触感染で、結膜や上気道からの感染です。

症状がおさまった後、2日間は出席停止

直接的な治療法はなく、対症療法が中心です。小児科や内科、眼の症状が強い場合には眼科にも相談しましょう。

学校保健法では、第二種伝染病に位置づけられていて、主要症状がおさまった翌日から数えて2日間は出席停止とされています(ただし、病状によって伝染の恐れがないと認められたときはこの限りではありません)。

感染者との密接な接触を避けること、流行時にうがいや手指の消毒を励行することが予防に効果的です。

流水と石鹸による手洗いを心がけ、90%の消毒用エタノ-ルも有効です。

子どもの感染症と言えば、冬に流行する季節性インフルエンザが知られていますが、夏でも、このようなウイルス感染症があることを頭に入れときたいと思います。一年中、うがい・手洗いを習慣にして、しっかり備えたいです。

取材協力:「ユアクリニックお茶の水」 院長 杉原 桂先生

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-22 15:45:53

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!