[人気ブロガーmegruさんに聞く]玄関収納のコツ

玄関01b

靴はいつも何足か出しっぱなし、傘はつい置きっぱなしになっているというご家庭も多いかと思いますが、かくいうわが家もそのタイプ。スッキリした玄関を目指して、「メグメグの好奇心♪♪収納インテリア」を運営している人気ブロガーのmegruさんに玄関収納のコツを聞いてみました。

湿気が溜まりやすい玄関は常に風通しをよくすること

「玄関は無駄なものは置かずに、風通しがいいようにしておくことが大切です。靴やバッグ、傘も置きっぱなしにしないで、いつでもスッキリさせておきましょう。

靴は靴箱の空いた場所に適当に入れるのではなく、あらかじめ戻す場所を決めておくと散らかりにくくなります」。

靴の収納のポイント

「靴収納のポイントは、詰め込み過ぎず、風の通り道を作ること。使う頻度の高いものは取り出しやすい真ん中から上の方へ、高さを揃えてしまいましょう。

上の棚には軽いサンダルを、下の棚には重いブーツを収納するとスッキリした印象になります。また棚板も靴の高さに合わせて調整するのがベター。そして定期的に靴の見直しをして、履かなくなった靴やくたびれた靴は早めに処分するといいでしょう。

それでも入りきらない靴が出てしまった場合は、省スペースで収納できる工夫を。 玄関02たとえば100円均一の突っ張り棒を棚の奥に1本入れ、靴を引っかけることで幅を抑えることができます」(megruさん)

スリッパや傘の収納

スリッパ収納のポイントは、普段使い用と来客用と分けて収納すること。普段使いは下駄箱の扉の裏などすぐに出し入れできるところに。来客用は数を決め、見せる収納としてカゴなどに入れ、普段は棚の上の方に置いておくといいでしょう。 玄関03傘の収納のポイントは、帰ったらとりあえず一時的に置くための傘立てには、シンプルで場所を取らない小さめのものを選ぶこと。そして乾燥させたら、すぐにたたんで靴箱の収納場所に戻すようにします。これができれば玄関がいつもスッキリするはずです」とmegruさんは話してくれました。

靴の収納する位置を決めておいたり、スリッパを普段使いと来客用に分けたりするというのは、すぐにできる作業ですね。傘立ても必要最低限の本数立てられる小さなものに変え、これからはスッキリした玄関を目指したいです。

取材協力:megruさん

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-17 22:25:07

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!