[人気ブロガーmegruさんに聞く]ベッド下の収納のコツ

ベッド下b

ベッドの下のデッドスペースは有効活用したいけど、なかなかうまく使いこなせません。我が家も結局、空きスペースに。どのように使うのが一番効率的で使いやすいのか、「メグメグの好奇心♪♪収納インテリア」を運営している人気ブロガーのmegruさんに聞きました。

ベッド下にピッタリ収まる収納ケースをみつける

「まずは床からベッド下の間のサイズをメジャーで測り、ピッタリ収まる収納ケースをみつけましょう。プラスチックのフタ付きのケースや、ワインの木箱の底にキャスターをつけて使うのもおすすめです。 ベット下01フタがない箱を使う場合は、収納したものの上に、布などをかけて、ホコリよけにするといいでしょう」。

ベッド下には、ベッドの近くにあると便利なものを収納

「収納するものは、ベッドで使うものなどを収納するのがいちばん。シーツや布団カバー、枕カバー、毛布、ベッドパッドなどですね。 ベット下02 種類によって収納箱を変えたり、中身の見える透明なケースを使用すると使いやすいですよ」。

なるほど、中身が見えるケースの方が何が入っているか一目瞭然。使いたいものがすぐに見つかるので良いですね。

頻繁に使用するものを収納することで、湿気・ホコリ対策につながる

「ベッド下の収納で気になるのは湿気やホコリ。その対策としては、ほとんど使わないものを収納するより、頻繁に使うものを収納し、出し入れの機会を増やすことがおすすめです。キャスターや取って付きのケースに入れ、出し入れした際には掃除機をかけるようにすると、湿気やホコリ対策につながります」。

ベッド下のスペースにピッタリの収納ケースを探すのがポイントですね。確かにシーツやカバーは収納場所に困ったり、使おうとした時に探しまわったりすることがあるので、ベッド下に収納しておけばわかりやすくていいですね。ぜひ実践したいです。

取材協力:megruさん

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-28 11:28:26

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!