バスタオルが臭い!使うときのニオイ戻りを防ぐ技

タオルPH1b

バスタオルって頻繁に洗濯しているのに、だんだんニオイが残り、気になるようになってきますよね。お風呂上がりの体をふくのに、臭いバスタオルだと、やっぱりちょっと残念な気持ちに…。今回は、嫌なニオイをすっきりさせるバスタオルの洗い方について調べてみました。

洗う前に洗濯表示マークを確認

バスタオルはほとんどが綿100%で、洗濯機で洗えますが、洗濯表示がついているものもあるので、念のため、タグを確認しましょう。 タオルPH2a

毛羽立ちの注意が書いてあるバスタオルは、屏風だたみをしてネットに入れて洗濯するといいですね。

ニオイを防ぐためには、「ワイドハイタ―EXパワー」

洗濯した後の乾いているときはニオわないのに、汗や水に濡れたときにイヤなニオイがしてしまう…そんなニオイ戻りの原因は蓄積臭。衣類やタオルに残ってしまった汚れに菌が働き、ニオイの元となるそうです。その蓄積臭を分解するには、いつもの洗濯用洗剤に加え、消臭除菌効果の高い酸素系漂白剤「ワイドハイタ―EXパワー」を入れるのが重要なのだそう。

タオルPH3a

さっそく、洗濯してみます。

シワを伸ばしてから干して、日に当てる

洗濯が終わったら、シワを伸ばしてから干します。ニオイを防ぐためには速く乾かすことも大切なので、竿を2本使って「M字干し」にする、もしくはピンチハンガーを使って「じゃばら干し」(写真下)にして、日に当てます。

タオルPH4a

天気が悪いときは、部屋干しで扇風機の風を当てるなどして、できるだけ速く乾くようにします。

今までは、バスタオルを使うときに「うわ、くさっ」と思うときがありましたが、「ワイドハイタ―EXパワー」を使うようになってから、嫌なニオイを感じなくなりました。わが家の必須アイテムですね。

商品情報

洗剤だけでは落ちないニオイの元までディープクレンジング。水にぬれたとき、ニオイ戻りの原因となる蓄積臭(※)まで強力分解する衣料用漂白剤(酸素系)※硫黄化合物などの悪臭原因物質

ワイドハイターEXパワー

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-17 22:38:28

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!