お風呂のザラつき、ヌルつきに悩まされない、毎日の簡単お掃除のコツ

03main

湯舟にゆっくりつかりたい季節になりました。

でも、お風呂洗いって本当に面倒! 腰をかがめて浴槽をこすっていると服がぬれたり、洗面器やイスを洗っていると洗剤が顔にはねたり……。お掃除の中でも特に苦手な場所です。

そんな憂うつな手間を省いて、毎日きれいなお風呂に入れたらどんなにいいことか。

浴槽は湯垢が乾かぬうちのお掃除がベスト!

よくお風呂から上がったらすぐにお掃除をするとラクという記事を目にします。でも、せっかくリラックスしたのにお掃除はちょっと……と思っていました。

ところが、このレポートを書くにあたり、気が進まぬままに一度試してみたらびっくり! 面倒くさがりの私もこれは簡単と思えたのです。

まず、浴槽のお湯を抜いたらすぐに、こすらず汚れが落とせる浴室用洗剤のバスマジックリン泡立ちスプレーを浴槽全体にスプレー。

特に水面と浴槽が接していた部分や浴槽の底の四隅など、湯垢のたまりやすい部分は重点的にスプレーし、30秒おいてからシャワーで洗い流します。

ふだんはザラつきが落ちているかどうか、手で確かめながらこすっているだけに、本当にこすらずに汚れが落ちるのか半信半疑でしたが、湯垢がまだ乾いていないせいかツルッときれいに落ちているではありませんか。いつもは汚れが乾いてしまっていたため、余計に手間がかかっていたことを実感しました。

翌朝、お洗濯にお風呂の残り湯を使う場合は、その直後にお掃除をするのがおススメ。浴槽が乾いてしまってからのお掃除は、シャワーなどのぬるま湯で浴槽全体をぬらしてから行うと湯垢が落ちやすくなります。

床、イス、浴槽のフタはヌルつく前にケア!

お風呂のお掃除で苦手なのが、床の隅やイスの裏側などが気づくとヌルッとしていること。

これはボディシャンプーの泡やシャンプー、リンスなどが飛び散り、皮脂汚れなどと混じってしまったもの。放っておくとカビの原因になるので、その日の汚れはその日に落とすのがポイント!

床、イス、浴槽のフタなどにも、ヌルヌルが気になる前に、毎日、バスマジックリン泡立ちスプレーをスプレーして、そのまま洗い流しましょう。ヌルつきがとれにくいときは、スポンジで軽くこすり洗いします。

黒いカビ汚れになってしまったら、浴室用カビとり剤の強力カビハイターをスプレーして落としましょう。

強力カビハイターを使用する場合は、他の洗剤と混ぜないで単独でご使用ください。換気を良くし、炊事用手袋、マスク、目の保護にメガネを必ず着用してください。壁の高い所やシャワーホースなど、目線より上にあるカビには直接スプレーを避け、雑巾などに液をつけてぬり、しばらくおいたら水ぶきします。

まとめ

  • 湯垢が乾かないうちにお掃除するとラクにきれいにできる。
  • ヌルつきが気になる前に、その日の汚れはその日に落とす。

商品情報

こすらず汚れが落とせる「バスマジックリン泡立ちスプレー

泡が密着して効く「強力カビハイター

 

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 11:51:51

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!