整理収納アドバイザーってどんな資格なの?

Orderly woman arranging clothes at wardrobe indoor

 「モノを片付けて心地よく暮らしたい」と考える人が増える中、注目されている『整理収納アドバイザー』の資格。最近片付けに目覚めたライターもこの資格が気になっていました。取得すると日常生活の整理・収納が上手になることはもちろん、級によっては片付けのプロとして活躍もできるとか。資格の詳細について、ハウスキーピング協会の埴原︎さんに聞きました。

モノとの関わり方を見直して片付け、問題を根本解決!

「整理収納アドバイザーとは、片付けられない原因や問題点を探り、モノとの関わり方から見直すことで、問題を根本解決しようという、片付けの資格です。

資格を取得する人には主婦や建築士、インテリアコーディネーターなどさまざまな立場の方がいらっしゃいます。整理収納アドバイザー資格は3級から1級まであり、永久資格で、取得後の更新手続きや手数料などはありません」。

家庭や職場ですぐに活かせる片付け知識を学べる2級、3級

整理収納アドバイザー3級は、ご自身のライフスタイルに合わせて、〈モノの整理〉や〈時間の整理〉、〈心の整理〉など必要な項目を選んで学ぶことができ、すぐに身の回りの環境改善に活かせる導入的、実用的な資格です。受講すれば資格を取ることができます。

2級はご自身の家庭や職場で、習得した知識と技術をすぐに活かすことができる整理収納の原則を学ぶ資格です。1日の講習と簡易的なテストをお受けいただくことで取得でき、合格率はほぼ100%。

基本的な整理の考え方や、具体的な整理の方法、実践的な収納のコツを、事例を交えて詳しく学べるため、〈自宅を片付けて快適に過ごしたい〉〈職場環境の改善〉〈整理収納アドバイザー1級のためのステップ〉などの理由で受験いただいております」(埴原さん)。

片付けのプロや講師としても活躍できる1級

整理収納アドバイザー1級は、片付けのプロフェッショナルとして、身につけた整理収納の知識と技術を活かせる資格です。

整理収納アドバイザーの資格を使ってのプロ活動が可能になりますので、当資格において受験者様が目指すひとつのゴールであるといえます。

1級は予備講座を受けた後、マークシート方式の1次試験、整理収納に関する研究発表の2次試験を経て、基準に達した人が合格となり、最終合格率は65~75%です。

1級は〈整理収納アドバイザーとして仕事をしたい方〉や、〈整理収納が苦手な方にアドバイスをしたい方〉、〈整理収納アドバイザー2級の知識をより深めたい〉などの理由などで受験いただいております」(埴原さん)。

1級に挑戦するためには2級資格の取得が必須条件です

ちなみに取得後、第一線で活躍する人は建築士、インテリアコーディネーターなど、ほかの資格と合わせて仕事の幅を広げていることが多いそう。経験を積んで整理収納アドバイザー資格の認定講師になる人も多くいらっしゃいます。

自分の希望に合わせて、片付けを学べる整理収納アドバイザー。ライターは自宅をもっと片付けたいと思っており、整理収納アドバイザー1級にも興味がわいてきたので、1級への足がかりにもなる2級を受験することに決めました。また詳しくルポします!

取材協力:ハウスキーピング協会

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-29 04:42:34

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!