ランニングシューズをカッコ良く履き続けるための洗い方

water hose or spray and many Shoes in a wash basin with soapy water

40代に突入して、気になりだした自分のお腹のボリューム。これからは、意識的に運動しないとマズそう。そんな思いから、ランニングを始めた僕。「まずは形から」と、専用のランニングシューズを購入したのですが、そもそもこの靴、他のスニーカーと同じように洗って良いものなの? そこで今回は、ランニングシューズをカッコ良く履き続けるための洗い方を、総合スポーツ用品メーカーの「アシックス」に聞きました。

大切なのは「丁寧に洗う」こと!

「アシックス」によると、ランニングシューズを洗うとき、もっとも気をつけたいのは、シューズの「素材を傷つけない」「型崩れをさせない」の2つなのだそう。

ランニングシューズを長く、良い状態で履くためには、柔らかいブラシと専用の洗剤を使い、丁寧に洗うことを心がけて。素材を傷つけたり、型崩れを起こしたりする場合があるので、洗濯機の使用は避けてください」 。

ランニングシューズの洗い方

1.靴ひもと中敷(取り外しタイプの場合)をはずし、それらとシューズ本体を水、またはぬるま湯で十分にしめらせる。

色落ちや色移りのおそれがあるので、水やぬるま湯への長時間の浸け置きは避けてください。

2.素材に合った洗剤を使い、シューズの表面、中敷きなどを、柔らかいブラシで丁寧に洗う。

型崩れなどのおそれがあるので、洗濯機の使用は避けて。

3.水、またはぬるま湯ですすぎ、しっかり水切りした後、風通しの良い日陰などに干す。

洗剤が残らないよう、しっかりとすすぐ。洗剤が残留すると、シューズが変色するおそれがあります。

洗った後の「型崩れ」にも気をつけて

洗ったシューズを乾かすとき、まず心がけたいのはしっかり水切りをすること。

「アシックス」によると、乾燥時に型崩れがおきないよう、白い布や紙をシューズの中に詰めて、保型することも大事だそう。

「布などで保型したシューズは風通しのよい、日陰に置いて干してください。直射日光が当たる場所や、高温多湿な場所は避けることをオススメします。

また、ランニングシューズを早く乾かせたいときは、扇風機などを使って風を当てることも効果的。保型のための布や紙をこまめに交換して、シューズの湿気を取り除いても良いと思います」。

シューズを清潔に保ち、ランニングを快適に楽しむためにも、やはりランニングシューズは定期的に洗うのがベスト。また、シューズを休ませ、長くはき続けるためには、一足のシューズをずっと使うのでなく、できれば複数を用意して、それらを交互に使用したほうが良いとも教えてくれました。

さて、シューズの洗い方と乾かし方はわかりました。あとはランニングを頑張って、ダイエットを成功させるのみ!

取材協力:アシックスジャパン

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-26 01:47:28

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!