ネクタイをキレイに収納する方法

f0256551_1412426b

ネクタイの収納で悩んでいる男性は、意外と多いのではないでしょうか。ハンガーにかけておいたら滑って床に落ちていたり、丸めてしまっておいたらシワができていたり。ネクタイはたくさん持っているのに、つい同じネクタイばかりをしてしまう人もいるでしょう。そんな悩みを解決するために、整理収納アドバイザーの臼井知子さんにネクタイをキレイに収納する方法について聞きました。

ネクタイの収納は、選びやすさとしまいやすさがポイント

ネクタイの本数が多いと、小さく丸めて収納するのが効率的なような気がしますが、実はこれは型崩れし、生地を傷めやすいのだとか。

生地のためにはお店のように平置きするのがベストという意見もありますが、その方法だとかなり場所をとります。 臼井さんによると、ネクタイの収納のポイントは大きく2つになるそうです。

・選びやすい(見渡せる)こと
・元の場所にラクにしまえること

たしかにこの2つが徹底されていれば、忙しい朝はパッと選べて、疲れて帰って来た夜もサッとしまえるので理想的ですね。

ネクタイは「しまわない収納」がベスト

臼井さんによると、オススメの方法は、「かける収納」です。

男性はとくに片付けが苦手な人が多いので、しまう方法より、しまわない方法のほうが向いているでしょう。 ネクタイは薄いので、クローゼットの扉を開けるとデッドスペースになるような、ちょっとしたスペースを利用できます。

臼井さんの場合は、まず100円ショップで売っている突っ張り棒を設置して、様子見。その方法が旦那さんにとって使いやすいと分かってから、ホームセンターで販売しているステンレス製のバーを購入し、壁に留めたそうです。

f0256551_14154496a

もちろん、ネクタイの本数が少ない場合や、賃貸にお住まいの方は、突っ張り棒のみで充分です。

バーにネクタイを一列にかけていけば、一目で選べて、使った後もかけるだけなので、ストレスゼロ。グラデーションになるように吊るしておけば、見た目にも美しく、ネクタイ選びが楽しくなります。

収納は使う人の立場に立って考える

逆に、ネクタイの収納で気をつけた方がいいことは次の2点なのだそう。  

・一箇所に何本も重ねて吊るす
・折り畳む回数が多い

臼井さんは、「収納を考える人ではなく、そのモノを使う人が出しやすく戻しやすく、そしてその行動を続けられるかどうかポイント。使う人の目線と立場になった、思いやりの収納が大切」といいます。

臼井さんのご家庭でも、以前は市販のネクタイハンガーを使っていましたが、ネクタイが重なるので選びづらく、同じ場所へ何本もかけるとハンガーが傾いてしまい、使いづらかったそうです。

省スペースになるので便利だと思っても、実際に使ってみると不具合が出ることもあります。使う人の得手不得手を考えながら、改善を重ねていくのが、快適な住まいにする収納のポイントなのです。

なお、臼井さんはバーを使ったかける収納で3年間ネクタイを吊るしていますが、生地が伸びたことはないのだとか。緩い編み目や、伸縮性のある生地の場合は気をつける必要がありますが、普通のネクタイなら使ったものをそのままかけても何の問題もないようです。これなら、どんなものぐさ男子でも続けられそうですね! 

取材協力:臼井知子さん

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-25 17:48:32

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!