[ワコールに聞く!] 下着は、どのタイミングで買い替えるべき?

130829-02main

あまり人に見せるものでもないし、ついつい買い替えどきを見失ってしまうブラジャー。

サイズが変わってしまったならもちろんのこと、ずっとサイズが同じでも、ブラジャーには寿命があります。

ストラップが緩んだりワイヤーが変形したりしているブラジャーを使い続けていると、バストがしっかり支えてもらえず、胸が揺れて下垂などの変化が加速してしまうんだそう! 

ということで、ワコールの白鳥貴子さんに、ブラジャーの替えどきサインを教えていただきました。

見た目がくたびれている

カップがしわしわになってへこんだり、布のハリがなくなってきたら買い換えどき。

特に、サイドのベルト部分は布が薄くなったり、ひどいときは穴があいてしまうこともあるので、お洗濯のときなどにチェックするクセをつけるとよさそうです。

ストラップが緩んでいる

何度調整してもストラップがずれてきたり、落ちてきてしまうのは、ゴムがゆるんでいる証拠です。

お洗濯の後に干すときは、ストラップに負担がかからないよう、アンダーバストの前の部分を洗濯ばさみで留めるなどして劣化を防ぎましょう。

サイズが合わなくなってきた

最も気に掛けたいのは、やはりサイズ。

たまにはお店で計測してもらったり、新しいブラジャーを買うときには毎回試着をして、常に体に合ったものを身につけたいものです。体重はもちろん、年齢によって体のラインは変化するので、定期的なチェックを心がけましょう。

使用頻度によっても異なるので、ブラジャーの替えどきにこれといったタイミングはありません。

だからこそ、こまめにブラの状態や体の変化を確認して、自分でうまく買い換えたいですね。

お気に入りのブラジャーを良い状態のまま長く使いたい方は、正しいお洗濯干し方、たたみ方をチェックしてみてください♪

取材協力:株式会社ワコール

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 11:46:35

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!