シーズンオフの衣類にかしこく利用!クリーニング店の保管サービス

1保管場所b

買い物のたびに、増えていく洋服たち。気づいたときにはクローゼットはパンパン、収納ケースも押し込みながら使う始末。わが家では収納があまりないため、その時期に着ない衣類をどうにかできなかと考えていたところ、良いサービスを発見したのでご紹介します。

手頃な価格でクリーニングも衣類の保管も!

そのサービスとは、クリーニング店が行うクリーニング&衣類保管サービス。 近年、クリーニング業界では、店舗に行かずとも集荷してくれる便利な宅配クリーニングが増加しており、同時に保管サービスを実施している店舗も増えているそう。 その先駆けである「リネット」マーケティング部の鈴木義治さんにクリーニング&衣類保管サービスについて聞きました。

「リネット」では、2012年5月から保管サービスを実施しており、2016年はすでに約12,000件の保管利用があるそう。これは2012年のスタート時と比べるとなんと8倍にもなるのだとか。そして、やはり住宅事情も関係するのか、利用者は東京在住の方が約54%で、そのうち30〜40代の女性が約80%を占めるのだとか。

保管サービスの需要が伸びている理由としては、手頃な価格で長期間衣類を保管できる点だと思います。サービスによって違いはありますが、コート類は普通にクリーニングに出すより、保管サービスを利用したほうが安い場合があります。安くクリーニングできるだけでなく、長期間の保管サービスも付いてくるのでコストパフォーマンスが高くなります」。

季節外の衣類を預けて、クローゼットをスッキリ

では、具体的に保管サービスのメリットはというと…

  • クリーニングに出した衣類をクローゼットにしまう必要がなく、衣替えが簡単
  • クローゼットに空きスペースができる
  • 衣類に最適な環境で保管されるので、衣服が長持ちする
  • 次の冬に衣服を受け取ってそのまま着られる

また、「リネット」では、有名アパレルブランドが利用している衣類専用の倉庫で、最適な温度・湿度で最長8か月間管理。衣服はクリーニング後、専用のハンガーレーンで吊るされた状態で保管されるという。倉庫内は、有人管理でセキュリティも万全です。 

クリーニングの種類も選べる

保管する際のクリーニングも、ジャケットやコートなど洋服の立体感を重視して仕上げを行う職人による手仕上げや、カシミヤや高級ウールなどの衣類に最適なミンクタッチ加工、繊維1本1本に花粉が付着しにくい皮膜でコーティングを施す花粉ガード加工なども選べるのだそう。2ハイスタンダードa

ただし、皮革製品、毛皮製品、浴衣・着物、スパンコールなどの装飾品がついたもの、布団・寝具、カーテン・カーペット、海外の洗濯表示タグのついているものなど、取り扱いができないアイテムもあるので、事前に確認することのがベター

利用方法もいたって簡単。専用バッグ(写真下)に詰めて送るだけだから、手間も時間もとられることはありません。 
専用袋

宅配クリーニング&保管サービスを利用すれば、衣替えもクリーニングも一度にすんで、クローゼットがスッキリ!その上、保管環境もバッチリ。次の衣替えシーズンは、迷わず、宅配クリーニング&保管サービスを利用したいと思います。

取材協力:リネット

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-24 14:13:25

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!