[リーガルに聞く!] 革靴を長持ちさせるお手入れ方法

130829-04main

靴はよそおいの決め手とよく言われますが、きちんと磨いた靴は自信まで与えてくれる気がします。

そこで一度、靴の磨き方の基本をしっかり覚えてみようと、日本を代表する靴ブランドのひとつ、リーガルシューズの原 愼治さんに正しい靴のお手入れ法を教えていただきました。

まずはしっかり汚れを落とす

靴を磨く前に大切なこと、それはしっかり汚れを落とすこと。

土やホコリはもちろん、前に塗ったクリームなどもきちんとふき取ります。

女性でいえばお化粧以前に丁寧な洗顔が欠かせないように、靴もいったん“すっぴん”の状態にしてあげるのだそうです。

手順

1.ブラシをかける

130829-04-01

全体にブラッシングした後、甲と底の接合部やヒール部分などディテールの汚れを払います。

2.クリーナーを塗る

130829-04-02

人差し指に布を巻き、クリーナーを少量つけて全体に伸ばします。じかに塗ったり、塗り過ぎはシミの原因に。

3.汚れをふき取る

クリーナーを塗り終えたら、布のきれいな部分を使って汚れをよくふき取ります。

つぎは革に栄養を与える

きれいになった靴に、今度はシュークリームで栄養を与えます。栄養が与えられることで革は潤いを増し、光沢が出るとのこと。潤いのある状態を保つことでひび割れなどのダメージも防げるそうです。

手順

1.クリームを塗る

130829-04-04

塗り方はクリーナーと同様に、少量を布につけて全体に薄くムラなく伸ばします。

2.全体を磨く

130829-04-05

余分なクリームはかえってほこりを寄せつけるので、軽くブラッシングで落としてから布で磨いていきます。

3.光沢を出す

130829-04-06

さらに光沢を出したい部分には、シューポリッシュを少量布にとり、小さい円を描くように磨きます。

革へのいたわりをお忘れなく

最後に、革にとって最も大切なことを伺いました。それは湿気を取り除くこと。

1日履いた靴は約コップ1杯分の汗を吸収しているのだとか。

同じ靴を毎日続けて履くと湿気がぬける暇がなく、靴の型くずれや傷みを早めてしまうそうです。

手順

1.仕上げ磨き

仕上げにもう一度、全体を丹念に磨きます。ナイロンストッキングなどで磨くと光沢が増します。

2.撥水スプレーをかける

130829-04-08

雨のしみ込みを防止するとともに、汚れの付着を防ぐ撥水スプレーをかけます。

3.靴を休ませる

130829-04-09

湿気をよく吸収する木製のシューキーパーや、靴の乾燥剤などを入れて靴を休ませます。

木製のシューキーパーがあると、靴の保管だけでなく、靴磨きの際にも便利。形を整え、履きじわを伸ばして磨くことができます。

まとめ

  1. 基本は汚れを落とし、革に栄養を与えること
  2. 靴は一日履いたら2、3日休ませるのがベスト

 

取材協力:株式会社リーガルコーポレーション

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 12:00:53

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!