2016年12月に制定される新しい取扱い表示!どう変わるの?

Man loading washing machine

洗濯方法や適切な洗剤を選ぶのに重要な衣類の「取扱い絵表示」。買い物のときにも、「自宅で洗濯できるかな?」と確認してから衣類を購入する人もいるほど、私たちの生活に密接なものですよね? そんな衣類の「取扱い絵表示」が、2016年12月1日から変わります。長年使われてきた「取扱い絵表示」がどうして変わってしまうのでしょうか?花王株式会社で衣料用洗剤の開発を担当されている村田さんに、率直な質問をぶつけてみました。

Q1.どうして衣類の「取扱い表示」が変わるの?

村田さん:近年、衣類などの生産や流通における海外との取引が一般的になってきました。さらに、最近では家庭用洗濯機や洗剤の種類も多くなり、クリーニング店の技術も進歩するなど、繊維製品を取り巻く環境が大きく変化したことで、国内外で取扱い表示を統一することになりました。

そして、ISO(国際規格)の表示記号にあわせた新しいJIS(日本工業規格)が制定され、実施することになったのです。

Q2.何が一番大きく変わるの?

村田さん:一番大きく変わることは、基準となる考え方です。 これまでの「指示(推奨)表示」から「上限表示」に変わります。

上限表示とは、「これよりも強い処理を行うと、衣類や繊維がダメージをうける可能性がある」ことの表示なので、表示と同じかそれよりも弱い水流や低い温度などで洗濯をしてください。 洗濯等の表示で「×(禁止)」の記号がなければ、その記号の内容(たとえば、漂白やアイロン等)をすることができるのです。 

〈洗濯機洗いの強さ〉

wash_image04

※洗濯機の機種により異なります。各洗濯機メーカーのホームページの取扱い説明書等をご確認ください。

Q3.新しい「取扱い表示」はどのような記号?

村田さん:従来の絵表示とは異なる5つの「基本記号」と「付加記号」、「数字」の組み合わせで表示されます。これまで22種類だった記号が、41種類に増えます。

5つの基本記号

→家庭洗濯
→漂白
乾燥なし→乾燥
アイロンなし→アイロン
クリーニングなし→クリーニング

この記号の下や中に強さや温度を表す付加記号や数字を組み合わせて表示します。

付加記号と数字

付加記号には強さを「線(-)」で、温度を「点(・)」で表したり、×で禁止を表します。

具体的には、下の図のような組み合わせとなります。

daily_washing_icon (1)

※新しい「取扱い表示」の詳しい情報はこちら

Q4.表示が多く、覚えるのも大変そう…日本語が表示がされることはあるの?

村田さん:今までのように記号内に文字での説明が記載されることはありません。

ただし、記号だけで伝えることが難しい場合は、簡単な言葉で記号の近くに記載されることがあります。(例えば、アイロン仕上げ時の「あて布使用」等)。

Q5.新しい「取扱い表示」では、洗濯機マークはなくなってしまうの?

村田さん:ISO(国際規格)の表示記号に合わせて、従来の洗濯機記号sentakukiから、新しい洗濯処理記号 に変わります。実は、洗濯機は、国によってさまざまな形をしているためで、洗濯機記号は使いません。

新しい取扱い表示では、洗濯機洗いも「水」を使用するために、「水」をイメージできるの絵柄で表現しています。

洗い方の強弱は、の下の「-(弱い)」や「=(非常に弱い)」によって見分けることができます。

※新しい「取扱い表示」の詳しい情報はこちら

ただし は、今までのように単に「洗濯機洗いができない」という意味ではなく、「家庭では洗濯も手洗いもできない。クリーニングに出しましょう(※家庭洗濯禁止の上限表示)」ということですので、注意が必要です。

一見難しそうに見える新しい衣類の取扱い表示ですが、欧州でも実績のある表示記号にあわせて制定されるので、慣れてしまえば、今までよりもわかりやすくなっていると感じるかも!? この内容をよく理解すれば、お気に入りの衣類を洗濯するときも、洗濯方法や使う洗剤に迷わなくなって安心ですよ。

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-29 01:00:03

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!