[リーガルに聞く!]サンダルのしまい方とブーツを使用する前にすべきこと

130829-05main

洋服の衣替えとともに、足元のおしゃれもサンダルからブーツの季節へ。

お気に入りのサンダルを来シーズンまでしまい、しまっていたブーツを履くときのお手入れのポイントを、革靴にくわしいリーガルシューズの原 愼治さんに教えていただきました。

サンダルは汚れをふき取り、乾燥させてしまう

130829-05-01

革の大敵は湿気。靴は1日履くとコップ約1杯分の汗を吸収しているそうですが、夏場に履いたサンダルならなおのこと。湿気を含んだまま下駄箱に押し込めては型くずれやカビの発生を招いてしまいます。

それらを防ぐには、最後に履いた日からしまうまで2・3日湿気を蒸発させる期間を設けましょう。

その際、固くしぼった布を使って足の裏と接する中底面についた汗や汚れをふき取っておきます。

保管は通気性のよい下駄箱や買ったときの靴箱に、やわらかい紙に包んでしまいます。

靴の中に入れる乾燥剤を用いると、さらに型くずれやカビが防げるのでおススメです。

しまっていたブーツにカビが発生していたら

もし、しまっていたブーツにカビが生えてしまっていたら、ブラシでカビを払った後、布に少量のクリーナーをとり、カビの部分に薄く伸ばし、きれいな布でふき取ります。

130829-05-03

スエードやベロア、ヌバックなど起毛素材の場合は、毛が起きる方向にブラシをかけ、カビをよく払った後、きれいなブラシを使って毛を寝かせる方向にブラッシングします。

130829-05-02

履きはじめてからのお手入れのポイントは、脱いだときにブーツ用のシューキーパーを入れておくこと。

ブーツは湿気がこもりやすいので、吸湿性の高い素材や乾燥剤入りのものを選ぶとよいでしょう。

履きじわを防止するとともに、湿気による型くずれを防いでくれます。

まとめ

  1. サンダルをしまうときは、汚れをふき取り、乾燥させる
  2. ブーツには湿気とりを兼ねたシューキーパーを用意する

 

取材協力:株式会社リーガルコーポレーション

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-19 10:42:41

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!