シャツの襟、袖がキレイになる!シャカシャカ実験をやってみた

mainb

夫のワイシャツの襟や袖口の黒ずみ汚れ。そのまま洗濯機に入れただけじゃ白くならないから、もみ洗いしたり、ブラシでこすったり。かなりの労力がかかります。朝の忙しい時間帯のお洗濯だと、なおさら面倒になりますね。そこで、「ウルトラアタックNeo」を使ったネットで話題のシャカシャカ実験を試してみました。

もみ洗いもブラシこすりも不要!これ1本直塗りするだけ

今までの洗濯の大変さから、「絶対おちない!」というのが本音ですが、だまされたつもりでチャレンジしてみます。

こちらは1日分の汗をたっぷり吸い込んで帰ってきた夫のワイシャツ(写真下)。

before黒ずみa01

思った通り、襟元が真っ黒。「ウルトラアタックNeo」のお洗濯1回分の量をキャップにとり、襟元の黒ずみに直接塗ります。

アタックネオ直塗り3a

今回、キャップが改良されて、注ぎ口がV字型になったので、サッと塗りやすくて使い勝手も◎。

アタックネオ直塗り1a

塗り終わったら、10分置きます。その後、キャップに残った「ウルトラアタックNeo」とワイシャツが浸る程度のぬるま湯(40℃)、ワイシャツを大きなジッパー付き保存袋に入れて5回シェイク。

シャカシャカ振ると、汚れが浮き出てくる!

汚れたワイシャツをジッパー付き保存袋に入れて、シャカシャカすること数回。

maina

水が茶色く濁ってきました。汚れが浮いてきたのがよくわかります。

汚れが溶け出した水a

ちなみに、シャカシャカしている私を撮影しているのは、このワイシャツを着ていた夫。みるみるうちに水が茶色っぽくなって、本人もギョッと驚いていました。 

白さを実感。こんなに簡単にしつこい汚れが落ちるなんて!

あっという間に、汚れが洗濯水に溶け出てきて、白さを取り戻したワイシャツ。

after洗い上がりa

洗濯のときは一時的にキレイになっても、繊維の奥まで汚れが残っていると、たまに出して着たときに、黄ばみが発生していたり…と厄介だった襟汚れ。ジッパー付き保存袋に入れてシャカシャカするだけで、こんなに気持ちいいくらいの汚れ落ちが見えて、夫も驚きつつも喜んでくれました。

私はキレイサッパリ、晴れ晴れとした気分。忙しい時は、襟元のもみ洗いをサボっていたし、それを分かって夫もワイシャツを着ていたので、これからは「ウルトラアタックNeo」を直接塗布し、すすぎ1回、スピードコースで洗うだけで落ちることが実感できました。押し洗いやもみ洗いもせずにこの白さが得られるなんて、うれしすぎる!

ほかにも、枕カバーなどのしつこい汚れにも使って、もっと効果を実感したいですね。

商品情報

「濃縮酵素パワー」で、エリ・ソデの密着汚れも直接塗るだけ、もみ洗いなしの洗たく用洗剤(液体タイプ)

ウルトラアタックNeo

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-05-28 06:16:10

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!