買い替えるなら、今!2016年冬、旬のレディースコートとは?

Stylish brunnete millennial isolated portrait against a wall

寒くなってくると、そろそろコートの出番。コートは高価だし、クローゼットでかさばるのでなるべく増やしたくないのですが、ショッピングセンターへ行くと、トレンドのコートが目に入り、毎年欲しくなってしまいます。この冬はどのようなコートが旬なのでしょうか?今回も、パーソナルスタイリストの渋谷有紀さんに聞きました。

2016年冬のレディースコートのトレンドとは?

「昨年と大きくは変わっていないのですが、フレアースリーブなどボリューム感、存在感のあるコートが出てきています。

カラーは、黒、ネイビー、グレー、ベージュなどのベーシックカラーが主流になりそうです。

今年は、ミモレ丈のスカートやロングガウチョなど、長くてワイドなボトムスが流行っているので、それに合わせてコートも長くなっています。

よって、膝がすっぽり隠れるぐらい(膝下15㎝ぐらい)のロング丈が今年らしい雰囲気。またローブのようなコートもトレンドです」。

ボトムスの流行が変わると、コートのバランスも変わるそうなので、今年はコートの買い替えにいいシーズンと言えそうです。

天然繊維の混率が高いものが暖かくておすすめ

コートの素材で言えば、やはり天然繊維がどれだけ入っているかがポイントだそう。

天然繊維が最低でも80〜85%入っているコートが温かくてオススメ。さらに、カシミヤやアンゴラが数%でも入っていると、軽くて温かいので、大人の女性は注目したいですね」。

化繊が半分以上使われているコートは、保温力が低いのでNG。

また今年は、フェイクファーやフェイクムートンなどの素材が進化。フェイクだけど、本物っぽく見える質のいい素材が出てきているそうで、渋谷さんも「今年はフェイクファーのコートを1着買いたい」とのこと。

スタイルに合うコート選びのコツとは?

コートを選ぶときに気をつけたいのが、ボトムスとのバランス。

「今年流行のボリュームのあるボトムスを着るなら、コートもロング丈のボリュームのあるものを選ぶとバランスがいいです。

ボトムスが膝丈スカートや細身のベーシックなパンツであれば、Aラインのベーシックなコートでも合います。ボトムスに何をもってくるかで、コート選びをするのがいいと思います」。

 また、コートは身体に合ったサイズを選ぶことが大切なのだそう。コートは一番大きな衣類になるので、サイズが合っていないと目につきやすく、カッコ悪く見えてしまいます。

なるほど。今年は、スリーブに特徴のあるロング丈か、フェイクファーが旬なのですね。どちらにするか悩みますが、いろいろショップを巡って吟味して、今年らしい1着を手に入れたいと思います!

取材協力:cagibi主宰 パーソナルスタイリスト渋谷有紀

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-30 08:19:41

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!