進化系ガウチョに注目。2016年秋冬、流行のパンツコーデは?

Woman walking past luggage carts

普段からカジュアルなスタイルが多いので、必然的にパンツを履くことが多いです。この春夏はさらっとした素材のガウチョを多用していましたが、冬は何を着たら良いか、悩んでいるところ。そこで、パーソナルスタイリストの渋谷有紀さんに、旬のパンツコーディネートについて聞きました。

2016秋冬のパンツのトレンドとは?

「昨年よりトレンドのガウチョは今年一般的になりましたね。この冬は、ガウチョの進化版が増えています。

例えば、ガウチョがさらに広がった「スカーチョ」、フルレングスの「ロングガウチョ」など、ロングスカートのように見えるパンツ、フルレングスのワイドパンツなどが出てきています。

シルエットがプリーツになっているタイプのものも要チェック。股上は深めのものが今年らしいです。

カラーは、黒、グレー、ネイビーは定番として、茶、ベージュ、テラコッタ、赤、薄ピンクなど、ポイントカラーになるものも注目されています」。

今年らしいのは、“トップスイン”

「この冬は暖色系カラーが人気なので、とくに茶系や赤系、テラコッタなどに、グレーを合わせると今年らしい組み合わせになります。そして、ボリュームのあるパンツで股上の深いものを選び、トップスをインするか、短めトップスを合わせてウエストを見せるなどすれば、ぐっと今年っぽいスタイルになります」。

ワイドパンツなどボリュームのあるパンツに、トップスを出すと、だらしない雰囲気になってしまうので、トップス選びも重要ですね。

スタイリストが選んだ1着とは?

すでに今季、渋谷さんが購入したというパンツを見せていただくことに。 それがコレ。

パンツ1a

「九分丈のワイドで、キレイめ素材のスラックスのようなパンツです。色はライトグレーを選びました。毎日自転車に乗るので、スニーカーかフラットシューズしか履かないし、トップスもニットやスエットが多いです。だからカジュアルになりすぎないように、キレイめのパンツでバランスをとろうと思いました」と渋谷さん。

今まで、あまりフルレングスのボトムスは履いてこなかったのですが、今年の秋冬は、「ロングガウチョ」やロングの「ワイドパンツ」などを購入して、自分らしいファッションを楽しみたいと思います。

取材協力:cagibi主宰 パーソナルスタイリスト渋谷有紀

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-28 11:24:26

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!