【実証】洗濯洗剤は規定量だけで本当に汚れが落ちるのか?

アタック9ヘッダ

 

お洗濯の洗剤って、入れる量が多ければ多いほどよく落ちる、と思っていませんか?実は、私もそんな一人。シミや汗の汚れが多いお洗濯のときほど、規定量だけではきちんと落ちないんじゃないかと不安で、洗剤を多めに投入していました。今回、出張帰りで溜まった夫のワイシャツを使って、本当に規定量の洗剤で汚れがしっかり落ちるのか、実験してみました。

キャップには洗剤が残っていないけど、ちゃんと汚れは落ちる?

夫のエリ汚れやニオイは気になるものの、朝の多忙な時間に部分洗いをするのは面倒ですよね。ワイシャツのエリ汚れに直接塗るだけで汚れがすっきりの新「ウルトラアタックNeo」に出会いました。水量に合わせた規定量をキャップに注ぎ、エリ汚れに直接塗布したあとは、キャップに残った洗剤を洗濯機に入れればいいそうなのですが、キャップの残りだけでは洗濯物の汚れが落ちないのではと不安になって、毎回追加投入が当たり前になっていました。

今回の実験ですが、まずは「ウルトラアタックNeo」を準備。水量に合わせた規定量をキャップに注ぎ、出張帰りで数日放置したワイシャツ5枚のエリ汚れに直接塗布します。塗布した後はキャップに残った分の洗剤を洗濯機に入れる、という、とても簡単な実験です。

あたっくPH3

けれど、キャップに注いだ規定量の「ウルトラアタックNeo」、ワイシャツ5枚のエリに塗布したら、もう液が残りませんでした。

アタック写真2

ご覧の通り、さかさまにしても一滴も垂れません!

さらに規定量の洗剤を投入したいけれど、ストップ!

エリ汚れのほかにも、食べこぼしのシミを発見。夫に聞くと、餃子の肉汁と油の混じったシミとコーヒーをこぼしたシミだそう。強敵です。

汚れ

 

5枚分のエリに塗布した時点でもうすでにキャップに洗剤が残っていないので、「ウルトラアタックNeo」のボトルから洗剤の投入口にもう少し足して入れたい・・・と、いつもの調子で思っても、今日は実験、グッとガマン。

追加投入して規定量よりも多く入れすぎても、実は洗浄力はあまり変わらないのだそう。洗剤の減りも早くなるし、規定量以上の投入に「気分的によく落ちそう」以外のメリットはなさそう。

エリ汚れはもちろん、直接塗布してない食べこぼしのシミも落ちた

直接塗布すると、ワイシャツのエリの黒ズミ汚れが5枚ともキレイに真っ白に洗いあがったのは、言わずもがなの「ウルトラアタックNeo」。本当にいつも時短になって頼れます。

えりあふたー

そして気になるあのシミ・・・。

直接塗布したり、漂白剤で事前のケアもしていなかった、あのコーヒーや餃子の食べこぼしの厄介なシミ・・・なんと、跡形もなくキレイに落ちていました!

  • コーヒー汚れ

びふぉあふ3

  • 餃子のタレのシミ

びふぉあふ2

洗濯機が動いている最中も、心のどこかで、追加投入しなくて大丈夫だったかな、漂白剤も塗ってないしな、とむずむずしていましたが、そんな心の奥底の部分汚れへの不安も晴れました。

どんなに洗濯物が多くても、汚れていても、水量に合わせた規定量で、こんな細部までしっかり成分が届いて、皮脂や汗のよごれも、食品のよごれも、きれいになるのを実感しました。洗剤の量を守れば、洗剤も水も節約できて、家計にもうれしいですね。

金曜日になると小学生息子が持ち帰る、1週間分の汗汚れのついた体育着と、食べこぼしや配膳でくっついた給食のおかずが染みこんだ給食着、もみ洗いすると茶色い泥水がでるほど汚い靴下。さらに、娘の保育園のお昼寝シーツとバスタオル。白状しますと、実は今まで規定量の1.5倍くらいざっくり目分量で入れてたのですが、本当に洗剤のムダなのがわかりました。どうりで「ウルトラアタックNeo」1本使い切るのが早かったわけです。今後はどうぞ、みなさんもしっかり規定量を守って入れてください、あとはどんと構えて洗濯機にお願いしましょう。

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-24 03:47:16

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!